カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

阪神「まさかのV逸」の可能性は?広島「誰一人あきらめていない」!

2023年8月31日

阪神「まさかのV逸」の可能性は?広島「誰一人あきらめていない」!

広島が2023年8月30日の巨人戦(京セラドーム)で2-1と競り合いを制し、引き分けを挟んで4連勝。貯金を今季最多の15に伸ばし、首位・阪神がDeNAに敗れたため、5ゲーム差に接近した。

広島「逆転優勝のカギ」握るのは…

今季の広島はベストメンバーで戦った時期の方が少ない。

4番として期待されたマクブルームは打撃不振で6月中旬以降はファーム暮らし。リーグトップの打率.320をマークする西川龍馬も右脇肉離れで7月上旬から1か月戦列を離れた。攻守で奮闘していた秋山翔吾も右下腿ヒラメ筋の筋損傷で今月12日に登録抹消に。主力が相次いで抜けて戦力低下が懸念されたが、代わりに出場した選手たちが活躍している。30日の同戦では末包昇大が3試合連続アーチと存在を強烈にアピールした。

広島を取材するスポーツ紙記者は、

「新井貴浩監督は試合に出ていない選手たちにも声を掛けるなど気を配っている。監督に期待されていると感じたら、出番が巡ってきた時に燃えますよ。チーム全体でモチベーションが高いし、誰が試合に出ても質の高いプレーができる。阪神に5ゲーム差とまだまだ遠いですが、誰一人あきらめていない。逆転優勝のカギを握るのはリリーバーたちです。栗林良吏、島内颯太郎、矢崎拓也と勝利の方程式を担う投手たちがきっちり抑え続けられるか。心身共に疲労はあると思いますが、踏ん張ってほしいですね」

と期待を込める。

阪神との直接対決は残り7試合残っている。シーズン終盤まで希望をつなぐためにも、ゲーム差を詰めて阪神に重圧を掛けたい。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

ペナントレース終盤。巨人が優勝に向けて首位を独走する中、ベイスターズがそれを猛追。世紀の大逆転があるのか、それとも巨人が逃げ切るのか。目の離せない日々が続いている。 球団史上初の3連覇という偉業を達成 …

石原が開催した『新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会』

石原が開催した『新井さん、どのツラ下げて帰って来たんですか会』

数字に出ない貢献度 前回、FAで阪神に行くとき、石原慶幸に直接伝えたりはしていなかったという話をさせてもらいましたが、それは2014年オフにタイガースを自由契約になったときも同じでした。私から連絡はし …

クロンは『エルドレッド2世』?データから浮かぶ、スラッガーの資質

クロンは『エルドレッド2世』?データから浮かぶ、スラッガーの資質

2020年の広島はシーズン中一度も首位に立てず、佐々岡真司監督の初年度でありながら8年ぶりの5位という苦しい一年であった。 打線に目を向けると、堂林翔太のブレイクなどはあったが、全体的にパワー不足が目 …