カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

2023年9月18日

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

ポストシーズン進出を狙う広島が延長11回、最下位の中日にサヨナラ負けを喫した。本紙評論家の川又米利さんは野球における1球の怖さを改めて指摘した。

「勝利は目前。広島にとってはホームランだけ避ければ、という場面だった。なのに…。マウンドの栗林にとっては悔やみきれないボールになった」

6点差をはね返し、9回表についに1点勝ち越し。だがその裏、2死無走者からビシエドに同点弾を浴び、敗戦の呼び水になった。栗林が打たれたのは初球、内角高めの151キロ真っすぐ。ストライクコースにかかっていた。

「ビシエドにとってはイチかバチか。高めの真っすぐが来たら思い切って、と腹をくくっていたと思う」。そこにおあつらえの速球。本塁打の出にくい大きな球場であろうが、関係ない。打った瞬間、試合が動くことを確信させる当たりだった。

栗林とビシエドには「復調気配」というワードが共通する。ともに調子がいいから、相手の隙は逃さない。「栗林は明らかにコントロールミス。受ける坂倉も体を使って、低めを指示していた。真っすぐを投げるならもっと内に厳しく、見せ球として」。広島には相当な授業料を要する1球になった。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

追い上げ実らず3年連続Bクラスのカープ、誠也の穴を埋められるか?

追い上げ実らず3年連続Bクラスのカープ、誠也の穴を埋められるか?

後半戦の追い上げ実らず、3年連続Bクラスに終わる [順位]4位 [勝敗]63勝68敗12分 [勝率].481 広島の2021年シーズンは2019年から3年連続のBクラスとなる4位に終わった。 4月末時 …

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

菊池が語る4連覇とメジャー挑戦「個人ではなく『家族』『一丸』で」

丸のヒット性の当たりを捕る 昨年、セ・リーグ3連覇を果たし、今や常勝軍団となった広島東洋カープ。だが、オフに不動の3番打者、丸佳浩が巨人にFA移籍。精神的支柱としてチームを支えた新井貴浩も引退し、戦力 …

長野「1試合でも多く、野球の面白さを!」、巻き返しへ最年長の意地

長野「1試合でも多く、野球の面白さを!」、巻き返しへ最年長の意地

プロ13年目の長野久義が巻き返しを誓う。昨季はプロ入り後最少の71試合出場にとどまった。打率.216、2本塁打、13打点はいずれも自己ワーストの成績。オフには4500万円減の1億2000万円で契約を更 …