カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【抗争勃発】岡田監督に反旗を翻した「ドラフト1位を事前公表」戦略

2023年10月24日

【抗争勃発】岡田監督に反旗を翻した「ドラフト1位を事前公表」戦略

10月26日のプロ野球ドラフト会議を前に、思わぬ「抗争」が勃発している。阪神・岡田彰布監督に反旗を翻す球団が出てきたのだ。いったい何のことか。球界関係者が言う。

「岡田監督が1位指名の事前公表について『そんなん面白ないやんか。何のためのドラフトやねん』と牽制していました。日本野球機構(NPB)が音頭を取って、1位指名を非公表にすべきだと訴えたわけです。これに反発する球団が出てきたのは、岡田監督のコミッショナー気取りに難色を示している証拠」

事実、西武は國學院大学の武内夏暉投手を1位指名すると発表した。編成トップの渡辺久信GMは、

「数多くいる有力候補の中で、武内選手が最も実力があると評価した」

今井達也、高橋光成、與座海人、平良海馬ら先発投手が揃うが、左腕の拡充を狙うようで、

「即戦力の投手として合致している。強いストレート、変化球が多彩で、どの球でも決め球に使える制球力の高さが魅力だ」(渡辺GM)

さらに広島は、1位指名が青山学院大の常廣羽也斗投手だと公言している。

岡田監督は8月18日のDeNA戦で、試合終盤に走塁妨害問題で大騒ぎした後、NPB幹部が経緯説明に訪れるなどして、ルール自体が変更になった「実績」がある。とはいえ「ドラフトも変えたる!」と意気込んだのも束の間、簡単に物事は進まないのが実情のようだ。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

カープ首脳陣ホッ…野村祐輔、残留で見え隠れする『一石二鳥』の思惑

カープ首脳陣ホッ…野村祐輔、残留で見え隠れする『一石二鳥』の思惑

11月1日のFA宣言締め切りを前に、広島ではセ・リーグナンバーワン捕手の会沢翼捕手(31)に続き、先発の柱のひとり、野村祐輔投手(30)が宣言せず残留を決めた。リーグ4連覇に失敗、来季の巻き返しを図る …

菊池、新たに2年契約「むちゃするのが持ち味…体づくりとケアを」!

菊池、新たに2年契約「むちゃするのが持ち味…体づくりとケアを」!

今季までの4年契約を終え、新たに2025年シーズンまでの2年契約を結んだという菊池は「3回ぐらい下交渉させていただいて、要望とかいろんな意見の交換ができた」と納得して判を押した。 菊池は国内FA権を取 …

常広羽也斗を引き当てた新井監督「よっしゃ!!」渾身のガッツポーズ

常広羽也斗を引き当てた新井監督「よっしゃ!!」渾身のガッツポーズ

3球団が競合した今ドラフト最大の注目選手・青山学院大・常広羽也斗投手は広島・新井貴浩監督が当たりくじを持って右手でガッツポーズ。「よっしゃ!!」と大きくほえた。 ネット上ではカープファンから「新井監督 …