カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川不在の穴をどう埋める?鍵を握る「右の大砲」「新井マジック!」

2023年11月22日

西川不在の穴をどう埋める?鍵を握る「右の大砲」「新井マジック!」

今季リーグ2位と躍進した広島の主力打者がチームを去ることになった。オリックスは11月22日、広島から国内FA権を行使していた西川龍馬外野手との契約合意を発表した。

西川は今季109試合に出場、リーグ2位の打率・305、9本塁打、56打点をマーク。天才的なバットコントロールは知られており、広島が誇る安打製造機は今後、パ・リーグに活躍の場を移すことになった。リーグ4連覇を目指すオリックスでは今季規定打席に達した外野手は中川圭太のみ、主力の杉本裕太郎も年間通してパフォーマンスを残せない中、外野の布陣に厚みも加える有益な戦力強化となりそうだ。

一方の広島では今季4番も任せた大事な主力打者を放出することになった。V奪回を目指す来季は第一に自前の戦力強化が求められそうだ。

来季の飛躍へ期待がかかる打者といえば、新井貴浩監督も目をかける右の大砲候補、末包昇大もいる。プロ2年目の今季は11本塁打と初の2桁本塁打をマーク、そのうち、対巨人戦で6発を放つなど巨人キラーとして一躍その名が知られることになった。ほかにも先に行われたアジアシリーズで打率・412、中軸も任されるなど侍ジャパンの井端弘和監督からも信頼を寄せられた若き内野手、小園海斗もいる。

また、今季西川が夏場に右わき腹を痛め、戦列を離れたときには指揮官の柔軟な発想も、「新井さんマジック」として、話題を集めた。後半戦開幕の試合から4番打者にプロ11年目の上本崇司を起用。一発が期待できる打者ではなく、従来の4番打者像とは違ったタイプのバッターだったが、チャンスメイクもしっかりでき、送りバントを含め、チーム打撃もそつなくこなすなど「つなぎの4番」として機能、新井監督の眼力の確かさもチームの背中を押した。

今季は夏場に10連勝も達成するなど快進撃で、セ・リーグを盛り上げた。チームの歴史からいっても主力打者が離れたときは、また若手のイキのいい打者が現れるのが常となっているため、新井監督含めナインがどう立ち向かっていくかも注視されそうだ。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

2020年シーズン振り返り:主力離脱が痛手…森下が目覚ましい活躍

2020年シーズン振り返り:主力離脱が痛手…森下が目覚ましい活躍

広島は佐々岡真司監督が就任し、昨シーズン(4位)からの巻き返しを図るも叶わず5位に終わった。勝率も、2015年以来5年ぶりに5割を下回る4割8分1厘にとどまり苦しい一年だった。 鈴木が5年連続打率3割 …

新井監督は「言い訳をしない」!高橋慶彦氏が称賛、『改善点』も提言

新井監督は「言い訳をしない」!高橋慶彦氏が称賛、『改善点』も提言

元広島東洋カープの高橋慶彦氏が、自身のYouTubeチャンネルで新井貴浩監督について持論を展開した。 ■カープOB5人が出演 高橋氏と同年代でカープOBの長内孝氏、小林誠二氏、山崎隆造氏、小川達明氏が …

有望な若手が出てきたが…カープの敗因を里崎さんが忖度ゼロで分析!

有望な若手が出てきたが…カープの敗因を里崎さんが忖度ゼロで分析!

レギュラーを奪ったのではなく、落ちていたから拾っただけ!? ※2021年7月15日の収録です 林晃汰、小園海斗、坂倉将吾と将来有望な若手が続々と頭角を現した2021年の広島カープ。 しかし、結果として …