カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池、新たに2年契約「むちゃするのが持ち味…体づくりとケアを」!

2023年12月7日

菊池、新たに2年契約「むちゃするのが持ち味…体づくりとケアを」!

今季までの4年契約を終え、新たに2025年シーズンまでの2年契約を結んだという菊池は「3回ぐらい下交渉させていただいて、要望とかいろんな意見の交換ができた」と納得して判を押した。

菊池は国内FA権を取得した2019年オフにポスティングによる大リーグ移籍を目指した後、広島と4年契約を結んで残留。現在は海外FA権を保有している。

今季は120試合出場で打率2割5分8厘、5本塁打、27打点の成績だった。「出だしはよかったけど後半に離脱もあった」。5月終了時まで2割9分8厘と高打率をキープしたが、9月には左手の負傷による離脱もあった。終盤戦に主力不在を招いたこともあり、「あらためて1軍にずっといたい」と感じるシーズンだったという。

34歳で迎える来季に向け「そんなむちゃできないけど、むちゃするのが僕の持ち味。体づくりとケアをしていきたい」と土台づくりへの意識を語った。

東京都出身の菊池は長野・武蔵工大二高(現東京都市大塩尻高)から岐阜・中京学院大をへてドラフト2位で2012年に広島入団。二塁のレギュラーに定着した13年から昨年まで10年連続でゴールデングラブ賞を受賞していた。

(※引用元 中日スポーツ

関連記事

カープ首脳陣ホッ…野村祐輔、残留で見え隠れする『一石二鳥』の思惑

カープ首脳陣ホッ…野村祐輔、残留で見え隠れする『一石二鳥』の思惑

11月1日のFA宣言締め切りを前に、広島ではセ・リーグナンバーワン捕手の会沢翼捕手(31)に続き、先発の柱のひとり、野村祐輔投手(30)が宣言せず残留を決めた。リーグ4連覇に失敗、来季の巻き返しを図る …

【2019ドラフト候補】明大・森下暢仁、MAX152キロ【動画】

【2019ドラフト候補】明大・森下暢仁、MAX152キロ【動画】

森下 暢仁(もりした まさと) 身長180cmながら、体重74kgとまだまだ細身なので、その分伸びしろがある。最速154km/hの速球を投げ込む本格派右腕。 質の良いストレートで空振りが取れるタイプ。 …

森下暢仁、将来メジャー挑戦伝えていた!1月にはマエケンと自主トレ

森下暢仁、将来メジャー挑戦伝えていた!1月にはマエケンと自主トレ

広島の森下暢仁投手(26)が15日、広島市南区の球団事務所で契約更改交渉し、2000万円増の1億3000万円(金額は推定)でサイン。将来的な米メジャー挑戦の希望を球団側に伝えていることを明かした。 今 …