カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

岡田監督との戦いが鍵?達川光男氏が広島カープの今年を独自『予想』

2024年1月3日

岡田監督との戦いが鍵?達川光男氏が広島カープの今年を独自『予想』

元横浜大洋ホエールズ・高木豊氏のYouTubeチャンネルに達川光男氏がゲスト出演。広島東洋カープの2024年を独自予想した。

達川氏がカープを語る

達川氏がゲスト出演し、カープの2023年と2024年の展望を語った今回の動画。

同氏は2024年のカープについて「去年2位になったので、今の島内矢崎栗林。栗林が1、2年目に戻ったら、やっぱり安定している。優勝争いには絡んでくると思う」と指摘する。

続けて「阪神に負けたのはね、やっぱり甲子園。甲子園で2勝しかできなかった」と解説した。

岡田監督に見下されている?

高木氏は「岡田監督の采配は凄くないですか? 対監督との戦いっていうのもないですか?」と質問する。

この問いに達川氏は「あるね。やっぱり岡田監督のときに新井貴浩監督が選手でいたでね。 ナメはしないし、油断もしないけどやっぱり見下ろしたような感じにはなっているよね、図式が」と分析。

すると高木氏も「CSで阪神対広島で戦っているときに、仕掛けようとするんだけど、仕掛けられなかったでしょ、DeNAのときのように」と話した。

岡田監督は「落ち着いている」

達川氏は「そうそう。全然機動力が使えないし。あの、舌戦があったときでも、『高校野球のようにガムシャラにやります』と言ったら、『新井、金属バットはあかんで』って岡田監督が軽く」と指摘する。

続けて「あんな答えは返さんじゃろ、普通。『ガムシャラにやるならこっちも負けずに』と普通言うじゃない? あのへんが岡田監督のやっぱりね」とコメント。

そして「家でも3回作ったら良い家ができると言うけれど、岡田監督はオリックスでやって、星野さんのあとに1回やって今回が3回目。やっぱりいろんな経験をしたから、落ち着いているよ」と解説した。

今年の広島は…

高木氏が「広島がどう変わってくるのかなって」と話すと達川氏は「そうそう、楽しみ。だから新井が背暗向明で今年もできるかというところがある」と指摘。

そして「タイガースに勝ちたいという気持ちが出たときにどうなるかなと。『がががが がむしゃら』というのが去年のキャッチフレーズ。今年は『しゃ!』。よっしゃーの『しゃ』」と語る。

達川氏は高木氏から「広島は期待できますか?」と質問されると「しゃ!」と叫んでいた。

昨年は阪神に大きく負け越し

広島は2023年、阪神タイガースに9勝15敗。とくに甲子園球場では2勝9敗1分と大きく負け越した。

新井監督と広島にとって阪神戦の対戦成績改善は、2024年の大きなテーマの1つになりそうだ。

達川氏が今季の広島を語る

(※引用元 Sirabee

関連記事

CS必要?カープが2位に10ゲーム以上で独走「ペナント軽視」の声

CS必要?カープが2位に10ゲーム以上で独走「ペナント軽視」の声

広島が圧倒的な強さで首位を独走している。きょう1日の2位・ヤクルト戦(神宮)も8ー3で快勝して5連勝。優勝マジックを15に減らした。最短で今月11日にリーグ3連覇が決まる。 2位のヤクルトに13ゲーム …

交流戦「一人負け」、残り6戦巻き返しへ…識者が挙げる、期待の若手

交流戦「一人負け」、残り6戦巻き返しへ…識者が挙げる、期待の若手

今年の交流戦はセリーグの健闘が目立つ。2022年6月7日試合前時点でヤクルト、阪神、中日が1~3位に位置し、巨人とDeNAも借金がない。そうした中、取り残されているのが広島だ。3勝9敗と大きく負け越し …

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

カープ快進撃の理由を球界OBが解説!「選手の気持ちをかきたてる」

新任の新井貴浩監督率いる広島が快進撃を続けている。 首位攻防となった29日の阪神戦(甲子園)は延長12回を戦い、2-2のドロー。先発した森下暢仁が6回途中にアクシデントで降板する場面もありながら後続の …