カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

昨季2位カープ…下馬評低いが「優勝候補に間違いない」太鼓判のワケ

2024年3月24日

昨季2位カープ…下馬評低いが「優勝候補に間違いない」太鼓判のワケ

新井貴浩監督が就任し、2023年シーズン2位に躍進した広島。

4年連続Bクラスから生まれ変わり、今季はV奪回を狙うが、いまのところ下馬評が高いとはいえない。中軸を担っていた西川龍馬がオリックスにFA移籍したことで、戦力ダウンしたという見方が多いからだ。

ベンチワークに長ける新井監督と藤井彰人ヘッドコーチのコンビ

だが、他球団の首脳陣は異なる見方を示す。

「広島は怖いですよ。西川は確かに良い打者ですが、故障が多く1年稼働したシーズンが少ない。昨年も主力に故障者が続出したが、菊池涼介や上本崇司を4番に抜擢するサプライズ起用がズバズバ当たっていた。
新井監督と藤井彰人ヘッドコーチのコンビはベンチワークに長け、試合巧者のチームに成熟してきている。投手陣はそろっているので、4番が固まれば白星を積み重ねられる。優勝候補であることは間違いないですよ」

新外国人シャイナー&レイノルズはいい状態

先発陣を見ると、床田寛樹、九里亜蓮、森下暢仁、大瀬良大地の4本柱に加え、黒原拓未、アドゥワ誠がオープン戦で好投を続けている。

ここにドラフト1位の常広羽也斗、ベテランの野村祐輔が加わってくれば、さらに層が厚くなる。

打線も怖い。新外国人のジェィク・シャイナー、マット・レイノルズが状態を上げてきている。

和製大砲の末包昇大は左膝内側半月盤損傷からの復帰を目指してまだ1軍に合流していないものの、高卒3年目の田村俊介が今シーズンの大ブレークする可能性を秘めている。

V奪回のカギを握るのは阪神との直接対決だ。

昨シーズンは9勝15敗1分と負け越した。頂点を狙ううえでは、互角以上の戦いをしたい。だが、発展途上のチームは大きな伸びしろを秘めている。

阪神のリーグ連覇を阻止し、セリーグの主役になれるか。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

サヨナラ負け…広島が「これじゃ勝てない」といわれる「あの穴」とは

広島が痛い星を落とした。広島は17日の巨人戦(宇都宮)に2―3のサヨナラ負け。先発の遠藤が好投していたが、リリーフ陣が誤算だった。 プロ5年目の遠藤はテンポ良く投げ、4回に吉川に安打が飛び出すまでノー …

開幕延期は、広島カープにとって吉か凶か?戦力チェックしてみると…

開幕延期は、広島カープにとって吉か凶か?戦力チェックしてみると…

野手は全体的に順調 新型コロナウイルスの拡大感染の影響で、プロ野球の開幕は4月24日以降となった。ファンはずっとおあずけを食ったままの状態となり、なんともすっきりしない状態が続くが、世の中の情勢がこう …

下馬評覆す快進撃!新井野球は「リーグ3連覇時に雰囲気が似ている」

下馬評覆す快進撃!新井野球は「リーグ3連覇時に雰囲気が似ている」

今の広島はビハインドをはね返す反発力がある。 4月15日のヤクルト戦(マツダ広島)で1点差を追いかける9回二死で、代打・堂林翔太が出塁すると、秋山翔吾が相手守護神・田口麗斗のスライダーを逆方向の左翼ス …