カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

脅威の「・500」!2位浮上、存在感を高める新『得点圏の鬼』とは

2024年5月22日

脅威の「・500」!2位浮上、存在感を高める新『得点圏の鬼』とは

広島がじわじわと順位をあげてきた。週末の巨人3連戦を3連勝でくだし、2位に浮上。開幕直後に助っ人2人が負傷で戦列から外れるなど、苦しいやりくりを強いられたが、ここにきて投打で光明が見えつつある。

圧巻のスイープとなった。先に行われた巨人との3連戦、打線で日々、躍動した姿を見せたのは、新”得点圏の鬼”とも称される、プロ6年目の小園海斗だった。

巨人との3連戦では、初戦の戸郷翔征からの適時打を含め、3試合すべてで打点をあげる勝負強さを示した。”つなぎの4番”として役割をしっかり務め、現在の得点圏打率は脅威の「.500」を誇る。チームにとっては何とも心強い存在となる。

小園は昨秋に行われた「アジアプロ野球チャンピオンシップ」にも侍ジャパンメンバーとして出場。予選3試合通算は12打数6安打の打率5割とチームをけん引した。このときの打撃を評して、侍ジャパンの井端監督も「ランナーを置いたバッティングというのは、NPBで何年もレギュラーを張っている選手よりもうまいんじゃないか」と絶賛したこともあったが、シーズンに入ってもその勢いを維持している。

打線ではほかにも19日のゲームで逆転3ランを含む、4打数3安打3打点と大暴れした末包昇大も右の大砲として、本格覚醒の期待がかかる。昨季11本塁打のうち、6本を巨人戦で放つなど「巨人キラー」として知られたが、今季も相性の良さは抜群だった。

一方、投手陣の軸としてチームをけん引しているのは左腕の床田寛樹だ。

ここまで7試合に登板し、4勝2敗、防御率はリーグトップの1.28を誇る。ここまで7試合で自責点はわずか7と安定したパフォーマンスを示している。

チームでは昨年まで主軸を務めた西川龍馬をFAで欠き、新助っ人のマット・レイノルズ、ジェイク・シャイナーも開幕直後に故障で離脱するなど、戦力面ではダウンを強いられた。

それでも積極的に選手の背中を押す新井貴浩監督の舵取りも実を結び、昨年同様、じりじりと順位をあげてきた。

広島は守備においてもリーグ最少失策と堅守も光る。

21日から本拠地マツダで行われる阪神との首位攻防戦も見どころ十分な戦いとなりそうだ。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

北別府、古葉、衣笠…『お盆』にカープのレジェンドたちと盃を交わす

北別府、古葉、衣笠…『お盆』にカープのレジェンドたちと盃を交わす

「あれからもう2年なんやな」 カープを4度優勝に導いた名将が他界されたのは2021年の秋だった。 ここ5年で逝去されたカープレジェンドの想い出を並べて ふと、20番のサインボールと目が合う。古葉さんが …

収益は『西日本豪雨』災害復興支援金へ/BankBandが動画配信

YouTubeで配信されている「MESSAGE -メッセージ-」の収益は、『西日本豪雨』の災害復興支援金へ充てられます。 (主にボランティア活動を支えるために使用) 全国的なニュースでは、取り上げられ …

ファン戦々恐々!畠山愛理がカギを握る鈴木誠也『巨人入り』の現実味

ファン戦々恐々!畠山愛理がカギを握る鈴木誠也『巨人入り』の現実味

8月9日発売の「FRIDAY」により、元新体操日本代表で現在はNHK「サンデースポーツ」のキャスター・畠山愛理との熱愛が報じられ、堂々交際宣言をした、プロ野球・広島カープの主砲、鈴木誠也。しかし、これ …