カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

緒方監督の鉄拳制裁騒動で思い出す…あの古葉氏は体罰監督だった!?

2019年7月27日

緒方監督の鉄拳制裁騒動で思い出す…あの古葉氏は体罰監督だった!?

日本野球機構(NPB)は25日、怠慢プレーの野間に激怒し、平手打ちした緒方孝市監督(50)を「厳重注意処分」にした広島球団の対応を了承。新たな制裁を科さないと明かした。

「広島から報告を受けています。NPBとしての新たな処分はありません。あってはならないことなので繰り返さないように伝えた」(井原事務局長)

一件落着という形だが、まさに時代の流れを感じさせられる。

弱小・広島を1975年に球団創設初優勝に導いたのをはじめ、常勝赤ヘル軍団に育て上げた元監督・古葉竹識氏(83)は、見かけは紳士だが、グラウンドでは熱血漢で妥協を許さないスパルタ主義だった。元祖・体罰監督といえる。

ベンチでの定位置は、バットケースの陰。身を隠すようにしていたが、それにはワケがあった。

怠慢プレーをして戻ってきた選手を、テレビカメラに映らないように笑顔で蹴飛ばすのだ。鉄拳制裁では見え見えになってしまうが、下半身はバットケースに隠れているので、笑顔を見せながら、懲罰の蹴りを入れているのはわからない。赤ヘルナインにとっては恐怖の古葉キックだった。

日本ハムから広島に移籍した大下剛史氏は現役引退後、コーチになってから古葉スパルタ教育の継承者になり、「12球団一の鬼軍曹」として鳴らした。赤ヘルナインだけでなく、他球団の選手にも恐れられていた伝説の鬼コーチだ。

巨人長嶋第二次政権の時、筆者は「今の巨人の選手には厳しさ、気迫が足りないから、伝説の鬼軍曹・大下コーチを招へい。スパルタ教育をしてもらい、鍛え直してもらったら良いのでは」と、長嶋監督に真面目に提案したことがある。

ところが「大下は厳しく徹底指導する、素晴らしいコーチだが、ウチの選手には無理。大下と聞いただけで、ちびってオシッコを漏らしちゃうよ」と冗談めかしながら語った。

その長嶋氏も青年監督だった第一次政権の時には超スパルタ主義。「勝負して打たれるのは仕方ない。だが、逃げまくって四球を乱発するのは絶対に許せない」と、若手投手に鉄拳制裁していたのだ。

今や「鉄拳制裁=パワハラ」の時代。今回の広島・緒方監督の騒動は象徴的で、プロ野球界も大きく変貌を遂げている。(江尻良文)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

黒田氏&新井氏、マスクを7万枚寄付!コロナ禍受け、再び『タッグ』

黒田氏&新井氏、マスクを7万枚寄付!コロナ禍受け、再び『タッグ』

元広島の黒田博樹氏(45)と新井貴浩氏(43=本紙評論家)が新型コロナウイルスと奮闘する医療機関などを支援するため広島県に計7万枚のマスクを寄贈する。1日に県が発表した。黒田氏が5万枚、新井氏が2万枚 …

最後は日本でもう一回やりたい!マエケン、インスタライブでカープ愛

最後は日本でもう一回やりたい!マエケン、インスタライブでカープ愛

ツインズの前田が将来的な古巣・広島への復帰を希望した。 メジャー5年目を迎えた32歳の右腕は「インスタライブ」で視聴者から広島に復帰する可能性を問われ「求められればですけど、求められれば行きたい。最後 …

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

緒方監督の『鉄拳制裁』、厳重注意の大甘処分で済ますべき問題なのか

衝撃の事実が発表された。広島の緒方孝市監督(50)が全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)に時代錯誤の“鉄拳制裁”を与えていたというのだ。高校野球でも体罰は問題視され、撲滅の方向に進んでいる時代(いま …