カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

梵英心さん、トークショー『同じ年にやめれば一緒にイベントできる』

2019年12月6日

梵英心さん、トークショー『同じ年にやめれば一緒にイベントできる』

永川勝浩さんは「体も存在も大きかった」

赤地に白の6が並ぶ光景に、10か月前を思い出しました。梵英心さんに『ラブすぽ』トークショーにご登壇いただくのは二度目です。ファンの熱さは変わりませんが、梵英心さんご本人には大きな変化がありました。

前回は社会人野球の選手のひとりでしたが、10月に引退を表明されたのです。プレーしていたのはエイジェックの野球部。今はエイジェックに会社員としてお勤めです。今回のようなイベントへの出演機会が増え、もっとうまく話せるようになりたい、いろいろなことを勉強する時期だとおっしゃっていました。

代打での出場が増え、自分はまだやれるのに、との葛藤もありながら、若手に譲ろう、選手兼任コーチの立場だが、他の選手たちに寄り添う時間を増やしていこう、と考えるようになったのが引退へと気持ちが傾いていった経緯だそうです。さらに実は意外な理由もありました。「ユニフォームが似合わなくなってきた」と感じたのだそうです。私たちの目には体型など何も変わっていないように見えるのですが、ご自身だからこそわかる感覚なのでしょう。

栃木でどのような生活をなさっていたかについても聞かせてくださいました。慣れ親しんだ広島を離れ、単身赴任。当然、家事もご自身でこなし、夕方にスーパーで割引になった食材を買って自炊することもあったそうですが、カープの選手だったのに、というような思いにとらわれることはありませんでした。

選手たちのために何かできることはないかと必死で考えているうちに過ぎていく毎日でした。

駒沢大学卒業後、梵英心さんは日産自動車の野球部でプレーしていました。広島東洋カープを退団後、エイジェック野球部への入団を決めたのは、社会人野球に何か恩返しができればとの思いからでした。選手たちの練習している姿に甘さが感じられ、かなり厳しい言葉をかけたこともあったそうです。自分と同じ失敗を若い選手たちにしてほしくないとの思いやりからでした。

相手の成長を願って叱ることには、相当な精神力を要します。それくらいの覚悟で栃木に行ったから、と梵英心さんはきっぱり口にしました。自分も動きながら指導することで貢献できればと考えていたそうですが、まっとうできた一年半だったことが伝わりました。

ファンからの質問に答える形で、カープ時代の思い出もお話しいただきました。

当時の梵英心さんを語る上で外せないのが、東出輝裕さんです。高卒で入団した東出輝裕さんがチームでは7年先輩になりますが、同い年のお二人は、当時のマーティ・ブラウン監督に、寝る時以外は一緒にいるようにと命じられます。

アメリカでセカンドとショートの2人を指して使われるキーストーン・コンビという言葉に梵英心さんはいくらか気恥ずかしさを覚えていたようですが、周囲の期待にご本人たちが努力で応え、鮮やかな連係でファンを沸かせる守備の要石となりました。

梵英心さんにとって「体も存在も大きかった」チームメイトが永川勝浩さんです。カープファンにとっては、お二人が幼なじみであることはよく知られた事実でしょう。

永川勝浩さんが今シーズンで引退することを知って、それならば、と考えたところも、梵英心さんには少しだけあったそうです。同じ年にやめたら地元の三次市でも一緒にイベントをやれる、一年ずれたらまた改めてやらないといけないし、と冗談混じりに笑ってお話されていましたが、頻繁に連絡を取り合うわけではないというお二人の深い絆を感じました。

(※引用元 ラブすぽ

関連記事

江夏豊氏「学生野球じゃねえぞ、バカ野郎」/監督に我慢できなかった

江夏豊氏「学生野球じゃねえぞ、バカ野郎」/監督に我慢できなかった

元プロ野球投手の江夏豊氏(70)が12日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に出演。自身の現役時代を振り返り、合わなかった監督の思い出を語った。パーソナリティーの伊集院光(50) …

前田でもなく、新井でもなく……カープの背番号1、鈴木誠也の風格!

前田でもなく、新井でもなく……カープの背番号1、鈴木誠也の風格!

長野久義や小園海斗らに注目が集まる広島が、4連覇を狙う新たなシーズンを迎えようとしている。 新戦力が連日メディアを賑わせる中、今年のチームの鍵を握る鈴木誠也は、喧騒をかわすように静かに、そして確かな足 …

誠也、米スカウトから争奪戦?熱愛報道が関係して、本人は消極的か…

誠也、米スカウトから争奪戦?熱愛報道が関係して、本人は消極的か…

「世界一奪還」で、侍ジャパンの主役が完全に交代した。韓国との決勝戦で反撃の適時打も放ち、打率4割4分4厘、本塁打3、打点13と大会トップの成績を収めた鈴木誠也(25=広島)が、“侍ジャパンの顔”となっ …