カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

令和初の三冠王への期待大!鈴木誠也の2020年は…本塁打で幕開け

2020年2月17日

令和初の三冠王への期待大!鈴木誠也の2020年は…本塁打で幕開け

強烈な破裂音を残したインパクトの直後、センターを守るロッテ・藤原恭大は落下予測地点へ向けて足を動かしたが、打球が外野の芝生部分に差し掛かる頃には内心諦めているような追い方だった。

2月14日の広島対ロッテの練習試合。広島の主砲・鈴木誠也が2回の先頭打者で打席に立つと、初球をフルスイング。初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せていた相手先発・唐川侑己を1球で仕留め、豪快な一発をバックスクリーンに叩き込んだ。

侍ジャパンでも4番を任される男の2020年シーズンは、1試合目の1打席目の1球目に本塁打という最高の形で幕を開けた。

鈴木は第2打席でもレフトポール際へあわやホームランという特大のファールを放ち、センターフライに倒れた打球も風や球場次第ではスタンドインしてもおかしくない力強いものを見せた。

ユニフォーム越しでもハッキリと見て取れるほど盛り上がった上半身は、正しく筋骨隆々。1番・田中広輔、2番・菊池涼介らほぼベストオーダーを組んだ打線の中でも1人だけ別格だった。

鈴木は2年続けて1.000超えのOPSを記録し、昨季は首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した。確実性の面でも長打力の面でもメジャークラスといって差し支えないだろう。令和初の三冠王、最有力候補で間違いない。(小中翔太)

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

「丸佳浩」がNGワードに?危機感の低さ、新助っ人の起用法にも影響

「丸佳浩」がNGワードに?危機感の低さ、新助っ人の起用法にも影響

佐々岡カープの守備陣は大シャッフルとなりそうだ。 広島東洋カープが早々に獲得を決めたホセ・ピレラ外野手が、当初、メディアに伝えられた情報とは異なる形で起用されるようだ。 「右投右打。メジャー経験は少な …

セ・リーグは大混戦かカープ独走か…その行方は「最下位の中日次第」

セ・リーグは大混戦かカープ独走か…その行方は「最下位の中日次第」

今年のセ・パ交流戦は13勝5敗で楽天が初の「優勝」を飾り、2位が1勝差でソフトバンク。やはりパ・リーグ優勢となったわけだが、交流戦を経てセ・リーグの今後の展望が見えてきた。 「首位広島と、2位で並ぶ阪 …

カープの剛腕はスゴかった!「なんならもう1回」とノーヒッター3度

カープの剛腕はスゴかった!「なんならもう1回」とノーヒッター3度

平成の頃から、どこかセピア色に映っていた「昭和」。まして元号が令和になったいま、昭和は遠い過去になろうとしている。そんな時代の球場で輝いた選手の貴重なインタビュー素材を発掘し、個性あふれる「昭和プロ野 …