カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

令和初の三冠王への期待大!鈴木誠也の2020年は…本塁打で幕開け

2020年2月17日

令和初の三冠王への期待大!鈴木誠也の2020年は…本塁打で幕開け

強烈な破裂音を残したインパクトの直後、センターを守るロッテ・藤原恭大は落下予測地点へ向けて足を動かしたが、打球が外野の芝生部分に差し掛かる頃には内心諦めているような追い方だった。

2月14日の広島対ロッテの練習試合。広島の主砲・鈴木誠也が2回の先頭打者で打席に立つと、初球をフルスイング。初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せていた相手先発・唐川侑己を1球で仕留め、豪快な一発をバックスクリーンに叩き込んだ。

侍ジャパンでも4番を任される男の2020年シーズンは、1試合目の1打席目の1球目に本塁打という最高の形で幕を開けた。

鈴木は第2打席でもレフトポール際へあわやホームランという特大のファールを放ち、センターフライに倒れた打球も風や球場次第ではスタンドインしてもおかしくない力強いものを見せた。

ユニフォーム越しでもハッキリと見て取れるほど盛り上がった上半身は、正しく筋骨隆々。1番・田中広輔、2番・菊池涼介らほぼベストオーダーを組んだ打線の中でも1人だけ別格だった。

鈴木は2年続けて1.000超えのOPSを記録し、昨季は首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した。確実性の面でも長打力の面でもメジャークラスといって差し支えないだろう。令和初の三冠王、最有力候補で間違いない。(小中翔太)

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

山本浩二や衣笠祥雄らを擁した「赤ヘル黄金時代」にも成しえなかった、球団史上初のリーグ3連覇を果たした広島カープ。巨人や阪神の“体たらく”もあり、今やセ界最強球団にまで上り詰めた。その過程には、他球団が …

達川光男、絶妙なコミカルさでトリックプレー/1980年代の名選手

達川光男、絶妙なコミカルさでトリックプレー/1980年代の名選手

『珍プレー好プレー』のお約束のシーン きょう4月1日は1年で唯一、嘘をついていい日なのだそう。いわゆるエイプリルフールだ。最近は詐欺だとかフェイクニュースだとか笑えない嘘も多いが、わざわざエイプリルフ …

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

令和のいま、あえて個性豊かな「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫るシリーズ。14人目は、沖縄出身者として初めてプロ野球選手となり、通算119勝、防御率タイトルも獲得するなど …