カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ついに『赤ヘル内川聖一』は実現するか…知られざる20年前からの縁

2020年11月5日

ついに『赤ヘル内川聖一』は実現するか…知られざる20年前からの縁

10月28日。いつものようにツイッターを見ていると、突如「内川聖一、ソフトバンク退団」というニュースが目に飛び込んだ。えっ。本当に? たしかに今シーズンは一軍に上がってないし、年齢的にもそういうタイミングなのかもしれない。だが、内川である。日本球界が誇る右バッターである。現役続行を模索して退団の意向を申し入れたというその記事を読んだ私は、そのニュースに対し、すぐさま「カープでしょ、カープ!」と書いた引用リツイートをした。そう。私は内川に来てほしいのだ。カープに獲ってほしいのだ。内川とカープとの浅からぬ縁。個人的に言えば「第三の縁」。それをいまこそ実らせる時なのだ!

もしカープも同じような提案をしていたら…

ご存知ない方のために、第三の縁の最初、つまり第一の縁について書かせていただく。いまから20年前の2000年、カープはドラフト1位の最有力候補に内川の名前を挙げていた。当時のスカウトは故・村上孝雄さん。村上さんは北別府学、津田恒美、緒方孝市、前田智徳など、名だたる名選手を発掘した伝説の名スカウトで、2001年の2月、私はその村上さんが内川を追いかける模様を特集したNHKの特番を見た。番組内では内川を含む数名の「ダイヤの原石」と、獲得に奔走する村上さんを追跡していたのだが、その村上さんが「AA」という唯一にして最大級の評価をし、前田智徳クラスの選手と太鼓判を押していたのが他ならぬ内川であった。大の前田ファンである私はそこから内川に釘付けになった。

番組内では内川の実家に何度も訪れ、熱心に入団交渉をする村上さんの姿があった。超高校級、間違いなくプロで成功する。これだけの逸材はそうそう出てこない。村上さんはその熱い想いを本人、ご両親に何度も伝えていたのだが、内川は左かかとの負傷(骨嚢腫)、及び手術をしたことで3年間を通して野球ができておらず、プロに行く自信をまったく持っていなかった。熱心な誘いにも内川は難色を示し続け、粘りも虚しく、結局は「獲得の見込みなし」という判断をしてカープは内川の指名を回避することになる。

しかし。内川はドラフトでベイスターズから1位指名されてプロ野球選手になった。なぜ? カープが交渉していた時にあれだけ難色を示していたのになぜ? そこにはベイスターズの名案があった。プロでやっていく自信が無い内川に対し、ベイスターズはプロ入り後3年越しのトレーニング計画を提案。分かりやすく言うと「すぐに活躍しろとは言ってない。足の具合を見ながら時間をかけてプロで通用する身体を作っていこう」というプランを提案したのだ。ひたすら熱意を捧げ続けたカープに対しベイスターズは熱意と「安心」を与え、その心を動かした。ヤラれた。もし、もしカープも同じような提案をしていたら……。本当に悔しかった。

その後の内川の活躍は皆さんもご存知のとおり。ベイスターズどころかセ・リーグ、いや球界を代表する右バッターに成長した。まさに「逃した魚は大きい」である。伝説のスカウト村上さんが目をつけ前田級の評価をした人物ということで、私は内川が気になって気になって仕方なかった。そして村上さんの目が間違っていなかった証、つまり彼の「活躍」を、なんとも言えない感覚で見続けた。

「感触よし」と報道されていたFA交渉

そこから9年後の2009年。今度は「第二の縁」がやってくる。内川がFA権を獲得、それまでカープにとってのFAは「選手が出ていくだけの制度」で「獲得」に乗り出したことは一度も無かったのに、そのカープが内川の獲得に乗り出したのである。ついにカープがFA戦線に名乗りを上げた。これはカープファンにとっては大きなニュースで、私自身も本当に驚いた。

これまで一度もFA宣言した選手を獲りにいったことの無いカープが動いた。それはカープが内川に捧げた二度目にして最大の熱意である。なお、当時の監督は野村謙二郎。野村監督と内川は同じ大分県出身で、交渉の場にも立ち、同郷という武器も使ってとにかく熱心に誘った。カープがFA宣言をした選手の獲得に初めて乗り出したこと、その熱意は内川の心にも強く響いたようで、交渉の場での笑顔も多く、実際に「感触よし」という形で報道されていた。ちなみに、カープの熱意はそれだけじゃない。野村監督が交渉の席で「入団してくれれば使用している選手の有無に関係なく好きな背番号を与える」という異例の条件も提示したのだ。緒方孝市が背負っている背番号9であろうと前田智徳が背負っている背番号1であろうと、君が望むなら喜んで渡す。金銭を除く誠意としてこれ以上のものは無いのではないだろうか。

内川が獲れる! 9年待たされたけど、やはり「間違いない選手」だった内川がカープに入る。順調な交渉を報じるニュースを見ながら、私は内川を獲得した気になっていた。また、内川の奥さんは元フジテレビアナウンサーで、彼女がカープファンであることも報道されていた。旦那が自分の好きなチームの選手になるというのは嬉しいことに決まっている。カープの熱意に加え、奥さんがカープファンであるという現実。うん、今度こそ完璧だ。

しかし。ここでもカープは内川を逃してしまう。今回こそ完璧と思っていたのに、内川はソフトバンクに入団してしまったのだ。あくまで噂でしかないが、内川はほぼカープ入りを決意していた。しかし、最後の最後。幼少期から野球を教え続けてくれていたお父さんが「息子の試合を観戦しに行ける環境がいい」という話をしたらしい。お父さんが住んでいるのは大分。父の願いを考えると広島より福岡。つまりカープではなくソフトバンク。あくまで「そうらしい」という話ではあるが、自分はこれが決定打になったと思っている。イチから野球を教えてくれたお父さんへの恩返しなら仕方ない、と。

そして今回。現時点でカープが獲得に乗り出そうとしているかは分からないが、個人的にはここが「第三の縁」だ。今シーズンの戦いを見る中で、新井と黒田が抜けた後の精神的支柱の不在。それは非常に大きかったように思う。そこに内川聖一。うってつけじゃないか。それこそ、カープの顔である鈴木誠也。彼は数年前まで自主トレで「内川塾」に入り、様々なことを教わっていた。そう。内川とは深い交流のある仲なのだ。チームに馴染む要素は十二分、である。

この第三の縁は「三度目の正直」であるとも思っている。ドラフト、FA、2度も逃してしまったけど、今度こそ「赤ヘル内川」を誕生させ、カープで大暴れし、似たような経緯でカープに入団した琢朗さんや新井のように、赤いユニフォームを着て最後の花道を飾ってほしい。ようするに獲得に乗り出してほしい。カープの偉い人。頼みます!

(※引用元 文春オンライン

関連記事

黒田博樹氏「(石原引退に)サイン交換で安心感を与えてくれる捕手」

黒田博樹氏「(石原引退に)サイン交換で安心感を与えてくれる捕手」

広島OBで日米通算203勝を誇る黒田博樹氏(45)が16日、引退会見を行った広島・石原慶幸捕手(41)へメッセージを寄せた。 「僕自身も現役時代はたくさん助けてもらった。言葉で伝えるのは難しいが、サイ …

今季も観客動員数は好調だが…マツダスタジアムの『神通力』は消えた

今季も観客動員数は好調だが…マツダスタジアムの『神通力』は消えた

大本命がまさかの苦戦だ。昨年、球団初のリーグ3連覇を達成し、今季も優勝候補の筆頭格に挙げられていた広島が、6月終了時点で首位の巨人に3ゲーム差の2位に甘んじている。 今季の広島は、2年連続セ・リーグM …

「二枚看板+森下」が軸、床田・九里の不振で4番手以降は混迷レース

「二枚看板+森下」が軸、床田・九里の不振で4番手以降は混迷レース

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、広島の投手陣はどんな陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対 …