カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良が今季から着ける「C」マーク、誠也とも連携を深めて引っ張る

2021年2月10日

大瀬良が今季から着ける「C」マーク、誠也とも連携を深めて引っ張る

大瀬良大地のユニフォームの胸には今季から「C」マークが記される。佐々岡監督からの指名で、野手の鈴木誠とともに、主将に就任することが決まった。これまでも投手陣のリーダー的存在としてチームを引っ張ってきたが、右腕は「いざ肩書が正式にあると気持ちも全然違う。より一層頑張っていきたい」と決意を新たにした。

リーダーとしてあるべき姿を目の当たりにしてきた。25年ぶりのリーグ制覇を果たした16年は、主将制こそなかったものの、投手は黒田博樹氏、野手は新井貴浩氏が中心となってチームをまとめていた。右腕も近くで2人を見てきた。「背中を見てたくさん学んだ。僕には僕の形があると思う。ああいう背中、姿になれるようにしっかりと精進していきたい」。

エース、主将として、成績でもチームを引っ張る覚悟だ。昨季は右ヒジの故障もあり、シーズン途中で離脱し、勝ち星は5勝にとどまった。「もちろん成績は何よりも大事。肩書がつくことで、普段の態度だったり、周りからの見られ方も変わってくる。よりそういうところは意識してやっていかないといけない」。言動だけでなく、結果で威厳を示す。

チームの一体感をより強めるべく、鈴木誠との連携を強めていく。これまでもチームのことを話し合ってきた。

「よりもっと深いところで話をしていかないといけない。チームの状況、環境も変わってくる。臨機応変に対応しながら、チームを見てやっていけたら」と力を込めた。

手術明けの右ヒジの状態を考慮され、春季キャンプは二軍スタートとなった。主将として若手を鼓舞しつつ、自らも一軍復帰へ調整を続ける。新たな肩書を胸に、チームをVへ導く。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

山本浩二や衣笠祥雄らを擁した「赤ヘル黄金時代」にも成しえなかった、球団史上初のリーグ3連覇を果たした広島カープ。巨人や阪神の“体たらく”もあり、今やセ界最強球団にまで上り詰めた。その過程には、他球団が …

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

チャンスで小園の犠打になぜ?佐々岡采配にカープファンの不満が募る

プロ野球の広島は2021年5月12日、神宮球場でヤクルトと対戦し9回0-0で引き分けた。 先発・森下暢仁(23)が7回3安打無失点の好投を見せるも報われず。打線は2回に無死1、2塁の先制のチャンスを作 …

大野豊氏が手腕を分析!佐々岡監督は強いカープを再び取り戻せるか?

大野豊氏が手腕を分析!佐々岡監督は強いカープを再び取り戻せるか?

リーグ3連覇から今季は4位でクライマックスシリーズ出場も逃した広島。シーズン後には、5年間指揮を執った緒方孝市監督が辞任し、佐々岡真司新監督が就任した。現役時代の佐々岡新監督は、1年目から13勝をマー …