カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

小園はなぜ1軍に上がれないのか…不可解な昇格見送りにファン不信!

2021年4月21日

小園はなぜ1軍に上がれないのか…不可解な昇格見送りにファン不信!

プロ野球広島の小園海斗内野手(20)の1軍昇格が見送られた。

今季2軍で開幕を迎えた小園は2021年4月20日に今季初めて1軍に合流。試合前練習に参加し、1軍昇格かと思われたが昇格は見送られた。21日には再び2軍に合流し、由宇練習場で行われた2軍オリックス戦に出場。不可解な「2軍残留」に鯉党から疑問の声が上がっている。

遊撃手・田中が極度の不振

小園はこの日、2軍のオリックス戦に「6番・2塁」でスタメン出場した。今季、2軍戦では20日までに17試合に出場し打率.299、1本塁打、4打点をマークし好調を維持。今季初の1軍昇格へ向けてアピールを続けていた。

今季、1軍では遊撃手の田中広輔(31)が極度の不振に陥っている。

4月20日時点で打率.159、1本塁打、1打点。開幕から10試合は「1番・遊撃」でスタメン出場し、2試合ほど2番に座った後は下位に回った。20日のヤクルト戦ではついにスタメンから外れ、代わりに三好匠(27)が起用された。

得点・盗塁ともにリーグ5位

チームは今季、得点力不足に悩まされている。4月11日から17日までの5試合で4度の完封負け。20日時点でのチーム得点「59」はリーグ5位で、9盗塁もリーグ5位。キャンプから積極的に取り組んできた走塁面でも成果が見られず、得点の好機を生かし切れない展開が続いている。

スポーツ各紙の報道によれば、小園の昇格見送りに関して佐々岡真司監督(53)は「チーム事情」によるものだと説明したという。インターネット上では、小園の1軍昇格を期待していた鯉党から「チーム事情って何?」「一応は見ましたよっていうポーズ?」「カープ嫌いになりそう」などの声が上がっている。

(※引用元 J-CAST

関連記事

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

ヘルメットが赤になったワケ 1975年、広島カープは球団創設26年目にして初優勝を果たした。今回は長年にわたって染みついた負け犬根性を一掃した指導者について書く。 その男、ジョー・ルーツはクリーブラン …

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

正田耕三、本塁打ゼロ&スイッチ初の首位打者/1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜け …

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

リーグ3連覇を狙う広島に故障者が続出。6日のヤクルト戦(神宮)は延長11回サヨナラ負けを喫したが、それでも首位を堅守しているのはさすがだ。 ベテラン・新井貴浩内野手(41)は左腓腹筋挫傷のため開幕から …