カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープ、クラスター発生より深刻な『大赤字』を乗り切る知恵とは

2021年6月1日

広島カープ、クラスター発生より深刻な『大赤字』を乗り切る知恵とは

セ・パ交流戦を目前に、広島でチーム内クラスターが発生。主力を含む12人が陽性となり、5試合連続延期という異例の措置が取られた。すでに首位・阪神から大きく引き離されたなかでの大量離脱で、まさに大ピンチだ。

ただ、「カープはさらに深刻な問題を抱えている」と話す球団関係者の声は暗い。

「コロナの影響による大幅な収益悪化です。昨年度の売上高は前年比約83億円減となる約85億円。当期損失は約29億円で、46年ぶりの赤字転落となりました。球団経営の“優等生”だったのが、コロナで一気に暗転してしまった」

もちろん、昨年度は無観客試合や入場制限があったため、どの球団も大幅な収益悪化に直面しているが、12球団で唯一、親会社を持たない独立採算制である広島にとっては、とりわけその影響が大きいのだという。

「他球団は赤字でも、親会社が広告宣伝費として補填をしてくれるが、カープにはそれがない。コロナ感染拡大で今季も苦況は避けられず、その影響がいちばん大きいのはカープでしょう」(スポーツ紙デスク)

まさに泣きっ面に蜂の状況だが、広島OBの安仁屋宗八氏は「前を向くしかない」と語る。

「コロナの影響は大きいが、今季の成績は気にすることはないと思っているんです。若い選手がチャンスととらえて頑張り、結果として彼らが育ったらそれでいい。栗林(良吏)はじめ、森浦(大輔)、大道(温貴)、矢野(雅哉)とルーキーもみんな活躍してくれていますから、来年以降につながると思います。

苦しい経営状況を乗り切るには、ファンにグッズを買ってもらうなど、少しでもカープのためにお金を落としてもらうしかないが、心配ないでしょう。頑張っている若手たちはもとの給料が高くないから、オフの契約更改で年俸を上げてやることもできるはず」

選手もファンも、そこまでポジティブにとらえることができるだろうか。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

坂倉将吾、コンバート拒否で挑む「會澤超え」4年目ブレイクなるか?

坂倉将吾、コンバート拒否で挑む「會澤超え」4年目ブレイクなるか?

広島カープの2020年ブレイク候補は誰か? プロ野球の世界に限らず、“立ち位置”を変えるのは容易なことではない。しかも、それが「グラウンドの監督」といわれる捕手というポジションであり、ペナント奪還を狙 …

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

共通項…栗林とビシエド、広島にとっては相当な授業料を要する1球に

ポストシーズン進出を狙う広島が延長11回、最下位の中日にサヨナラ負けを喫した。本紙評論家の川又米利さんは野球における1球の怖さを改めて指摘した。 「勝利は目前。広島にとってはホームランだけ避ければ、と …