カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林翔太、優勝のお立ち台で涙…夏に見せたい「甲子園」スターの復活

2021年8月19日

堂林翔太、優勝のお立ち台で涙…夏に見せたい「甲子園」スターの復活

エースで四番として、2009年夏の甲子園で中京大中京高(愛知)を頂点に導いた。日本文理(新潟)との決勝では打者として先制2ランを含む3安打4打点。

しかし投手としてはピンチを招き、1試合で2度の降板があっただけに、優勝インタビューでは帽子で顔を隠して「本当に最後は苦しくて……情けなくて。ホントすみませんでした」と泣きながらナインに謝罪したのが印象的だった。

甲子園で脚光を浴び、ドラフト2位で10年に内野手として広島に入団した。3年目に開幕スタメンを勝ち取り、一軍デビュー。その年チーム最多の14本塁打をマークするなど、プレークを遂げた。

だが15年ごろから出場機会は減少し、19年には一軍デビュー後最少の28試合の出場にとどまった。

背水の覚悟で挑んだ20年は「七番・一塁」で6年ぶりに開幕スタメンを奪取。三塁のレギュラーに定着し、8年ぶりに規定打席に到達した。打率.279、14本塁打、58打点を記録。キャリアハイのシーズンとなった。

しかし好調は続かなかった。今季は2年連続で開幕スタメン出場を果たしたが、打率が伸び悩み、次第にベンチスタートの試合が増加していった。打率は1割台後半に停滞し、6月21日には出場選手登録を抹消された。

二軍戦では序盤こそ苦しんだものの、ジワジワと調子を上げていき、8月17日時点で30試合に出場し、打率.277、4本塁打、12打点と復調の気配をみせている。

12年前の夏の甲子園を沸かせたスターが、夏場に本領を発揮し、チームを助ける日もそう遠くはなさそうだ。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

北別府氏「怒りが頂点に…」、最終戦判定に不満も…赤松の勇姿に感動

北別府氏「怒りが頂点に…」、最終戦判定に不満も…赤松の勇姿に感動

元広島投手の北別府学氏(62)が27日、「怒りも沸点に達した」と題してブログを更新。同日、広島が黒星を喫した中日25回戦(マツダ)に言及した。 広島は、勝てばCS進出が決まった大事な最終戦に1-4で敗 …

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。 曲折を乗り越え、精神的に成長 …

佐々岡コーチの『スパルタ』に拍車!ただ、それを上回る『球団』も…

佐々岡コーチの『スパルタ』に拍車!ただ、それを上回る『球団』も…

プロ野球もシーズン開幕直前。チームの行く末を左右するのは選手だけではない。彼らを指導するコーチ陣の役割も重大だ。猛練習で知られる広島は、佐々岡真司・投手コーチ(51)が二軍から一軍に昇格したことで、ス …