カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

2021年10月4日

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

サムライの4番に、海の向こうから熱い視線が注がれている。

米スポーツメディア『ESPN』のジェフ・パッサン記者は、MLBのシーズンオフが近づく時期に合わせて「今オフのフリーエージェントの注目選手」を選出。その中に、広島東洋カープの鈴木誠也が選ばれた。

パッサン氏は、過去の実績を踏まえ、注目度の高い順に5グループに分けて選出。鈴木は上から二つ目の「ティア2」に入った。メジャー通算本塁打449本塁打の大砲ネルソン・クルーズ(レイズ)、世界屈指の左腕クレイトン・カーショー(ドジャース)らと同じグループである。

鈴木について、6年連続で打率3割、出塁率4割、本塁打25本以上を続けているというデータを示したパッサン氏。それを踏まえ、「日本プロ野球で最も生産性の高い選手の一人である」と高く評価した。

そのうえで今後にも言及した。「今オフに(ポスティングシステムで)入札されるかは定かではない」と前置きする一方、「入札された場合、ショウヘイ・オオタニ後に日本から来た最高の選手となり、2003年にデビューしたヒデキ・マツイ以来最高の外野手となるだろう」と予想。MLBでの成功を確実視している。

金メダルを獲得した東京五輪では振るわなかったものの、9月に13本塁打を放ち、現在打率でセ・リーグトップに立つなど圧倒的な打撃を披露している鈴木。日本では“無双”しつつあるだけに、シーズン終了後には、その去就に大きな注目が集まると予想される。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

新井イズムは、夏場から正念場?ベテラン陣…野手陣に広がる不安要素

新井イズムは、夏場から正念場?ベテラン陣…野手陣に広がる不安要素

広島は負ければ3位が入れ替わる12日の巨人戦(東京ドーム)で、投手戦を制してAクラスを死守。新井貴浩監督(46)の就任1年目から健闘が光るが、野手陣に広がる〝新井イズム〟は夏本番で不安要素にもなり得る …

主砲・鈴木誠也、足の上げ方を変え、右足重心からのレベルスイングに

主砲・鈴木誠也、足の上げ方を変え…右足重心からのレベルスイングに

広島の主砲となり、侍ジャパンの四番となっても、鈴木誠也は立ち止まらない。昨年史上4人目となる5年連続での打率3割と25本塁打をともに達成した打撃フォームと決別。昨季終了とともに、大胆な打撃フォーム改造 …

私、ちゃんとカープが好きだった!自粛期間に覚えた『守りの応援』に

私、ちゃんとカープが好きだった!自粛期間に覚えた『守りの応援』に

白状します。2022年プロ野球開幕戦横浜×広島、これが私にとって2年ぶりの球場観戦となりました。まる2年です、あれ、じゃあ3年ぶりなん? うわあ。ひくわ。文春野球の原稿を毎年書いていながら球場に行って …