カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

2021年10月4日

「日本で最も生産性が高い」米記者が『今オフFAの注目』に鈴木誠也

サムライの4番に、海の向こうから熱い視線が注がれている。

米スポーツメディア『ESPN』のジェフ・パッサン記者は、MLBのシーズンオフが近づく時期に合わせて「今オフのフリーエージェントの注目選手」を選出。その中に、広島東洋カープの鈴木誠也が選ばれた。

パッサン氏は、過去の実績を踏まえ、注目度の高い順に5グループに分けて選出。鈴木は上から二つ目の「ティア2」に入った。メジャー通算本塁打449本塁打の大砲ネルソン・クルーズ(レイズ)、世界屈指の左腕クレイトン・カーショー(ドジャース)らと同じグループである。

鈴木について、6年連続で打率3割、出塁率4割、本塁打25本以上を続けているというデータを示したパッサン氏。それを踏まえ、「日本プロ野球で最も生産性の高い選手の一人である」と高く評価した。

そのうえで今後にも言及した。「今オフに(ポスティングシステムで)入札されるかは定かではない」と前置きする一方、「入札された場合、ショウヘイ・オオタニ後に日本から来た最高の選手となり、2003年にデビューしたヒデキ・マツイ以来最高の外野手となるだろう」と予想。MLBでの成功を確実視している。

金メダルを獲得した東京五輪では振るわなかったものの、9月に13本塁打を放ち、現在打率でセ・リーグトップに立つなど圧倒的な打撃を披露している鈴木。日本では“無双”しつつあるだけに、シーズン終了後には、その去就に大きな注目が集まると予想される。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

令和のいま、あえて個性豊かな「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫るシリーズ。14人目は、沖縄出身者として初めてプロ野球選手となり、通算119勝、防御率タイトルも獲得するなど …

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

3度のノーヒットノーランを達成した男、元広島・外木場義郎氏(74)=野球解説者=が現代の先発投手についてもの申した。 「私の時代は先発投手は責任を持って最後まで投げ切るのが当たり前だった。今は分業化が …

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …