カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介が本塁打チーム2位、『守備の達人』が長打力武器に存在感!

2021年11月10日

菊池涼介が本塁打チーム2位、『守備の達人』が長打力武器に存在感!

身長171センチ、体重68キロとプロの中では比較的小柄ながら、パンチ力を持つ。菊池涼は前半戦こそ主に一番打者に定着していたが、後半戦は六、七番に座り、下位打線で大きな存在感を示している。今季、本塁打はキャリアハイの16発をマーク。鈴木誠に次ぐチーム2位の数字を残した。

決してホームランバッターではない。ただ、一発を打てる力を秘めているだけに、相手投手にとっては厄介な存在だ。今季まで6年連続で2ケタ本塁打を記録しており、4月16日の中日戦(バンテリン)では、史上299人目となる通算100号を達成した。菊池涼は「100号というのは小兵にはうれしいものです」と素直に喜んだ。

圧倒的な守備力に目が行きがちだが、打力も持ち合わせているからこそ、毎年のように選抜チームに名を連ねている。7月16日に実施されたオールスター第1戦(メットライフ)では、一発を含む4安打2打点と活躍し、文句なしのMVPを獲得。東京五輪にも侍ジャパンの一員として出場し、金メダル獲得に貢献した。そんな球界を代表するスター選手が、広島の下位打線に座っている。

今季は5月に新型コロナウイルスに感染するなど、離脱を余儀なくされた。だが、コンスタントに安打を重ね、プロ2年目から9年連続でシーズン100安打を達成するなど、安定した成績を残し続けている。ときにはつなぎ役として進塁打に徹し、得点圏に走者を置けば、勝負強さを発揮する。打順関係なく、巧みな打撃センスでチームを勝利に導く。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

元カープ・木村昇吾が明かす、広島カープの『キャンプの凄さ』とは?

元カープ・木村昇吾が明かす、広島カープの『キャンプの凄さ』とは?

木村昇吾です。メルボルンを拠点に豪州でクリケットの武者修行に励む日々を送っていますが、この時期になると思い出すのが日本で現在行われているプロ野球のキャンプです。 僕自身は一軍で活躍したいという思いで練 …

サードの一番手に小園が浮上、左翼は野間とピレラの争いになるか?!

サードの一番手に小園が浮上、左翼は野間とピレラの争いになるか?!

猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、広島の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手 …

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

プロ野球・広島東洋カープは7月24日、同球団の緒方孝市監督が選手を複数回平手で叩いたことを発表した。事の経緯は、6月30日のDeNA戦で、野間峻祥選手が試合中に怠慢プレーをしたことに怒り、手を上げてし …