カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督、得点効率向上と四球減をテーマに/指揮官が見据える来季

2021年12月23日

佐々岡監督、得点効率向上と四球減をテーマに/指揮官が見据える来季

佐々岡真司監督体制、勝負の3年目を迎える。2020年は5位で、21年は順位を1つ上げただけの4位に終わった。リーグ3連覇からの3年連続Bクラスは、屈辱に変わりない。

攻撃陣は得点力不足が露呈した。セ・リーグ首位打者の鈴木誠、2位の坂倉に引っ張られ、チーム打率はリーグトップの.264も、得点はリーグ3位の557と、1位のヤクルトに68点差をつけられた。指揮官は「打率は残っているけど、点が取れない。長打のある打者がいれば点は入るけど、1点1点の積み重ねはこの1、2年の課題だと思う」と話す。

投手では「四球」の多さを指摘する。ヤクルトのチーム防御率3.48に対し、広島は同3.81。広島が与四球483あったのに対し、ヤクルトは363と120個差があっただけに「四球の数の差が、防御率に反映されたと思う」と分析した。「どうすれば四球が減るのか、(投球の)入りがうまくいくのか。『どうすれば』ということを突き詰めていかないといけない」と引き締めた。

攻撃陣の課題克服へ、東出二軍打撃コーチを作戦面なども考える一軍の野手総合コーチに昇格させた。「3連覇したときの一軍コーチ。いろんな野球(の考え方)を持っていると思う」。投手陣では昨季まで阪神の高橋建育成コーチを一軍投手コーチに招へい。命運を握る助っ人は、3A32発のライアン・マクブルーム内野手を獲得するなど、早くも3人の新外国人の入団が決まっている。

4年ぶりのV奪回へ、結果だけが求められる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

2番・鈴木誠也、4番・會澤翼!?セイバー指標から『打順』を考察…

2番・鈴木誠也、4番・會澤翼!?セイバー指標から『打順』を考察…

広島の“最強打者”は鈴木誠也、2番に置くのが理想か 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦は中止が決まり、当初は143試合だった試合数も最大で125試合に減少 …

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

菊池、野生の勘が源!ヒット3本の価値がある守備/職人のプライド

誰もが認める職人と言えば、菊池涼介だ。守る範囲は広大。また強肩によって幾多の併殺を完成させる。その二塁守備は「忍者」とも形容される。1球ごとに位置取りを変えながら、安打と思われた打球を平然とさばく。 …

広島カープの37年ぶりリーグ連覇の裏に『黒田氏の遺産』

広島カープの37年ぶりリーグ連覇の裏に『黒田氏の遺産』

広島が2年連続8度目の優勝を甲子園で飾った。1979、1980年の古葉カープ以来、37年ぶりの連覇である。 台風18号の影響で地元優勝の機会が流れたが、半分が真っ赤に染まった甲子園で11度宙に待った緒 …