カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今なら年俸4億超え!?元広島・高橋慶彦の「大変貌の秘密」動画回顧

2021年12月27日

今なら年俸4億超え!?元広島・高橋慶彦の「大変貌の秘密」動画回顧

主に広島カープで活躍した元プロ野球選手・高橋慶彦氏と言えば、1974年にドラフト3位で広島入団。シーズン4年目の78年に129安打で初の100安打超えを達成すると、以後、12年連続で3ケタ安打、80年には最多安打(当時連盟表彰なし)にも輝くなど、安定した打力を誇った。

しかし一方、本塁打は1ケタでシーズンを終えることが多く、パワー不足は否めない印象だったのだが、そんな高橋氏に変化が起きたのは、83年。それまでのキャリアハイは7本だったが、この年24本塁打を放ち、以後、7年連続の2ケタ本塁打を記録したのだ。

そんな高橋氏のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉の、12月2日付け投稿回で当時を振り返った。それによると、臨時コーチで訪れた、ある偉大な元プロ野球選手の教えが実を結んだようだ。

その人とは、毎日オリオンズなどで活躍した、山内一弘氏(故人)。山内氏は、打点王4回、本塁打王2回、首位打者1回を獲得。「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治氏(故人)に次いで、NPB史上2人目となる2000本安打を達成した人でもある。

「山内さんに言われたのは、タイミング、バランス、パワーって言って、何しろ早く、ゆっくりって言われた」と高橋氏は当時を述懐。これは、“早くタイミングを取ってゆっくりボールを見る”といった構えを指すようだ。早く、ゆっくり、と言えば、3度の三冠王に輝いた、落合博満氏のバッターボックスでの構えにも相通じる…。

ゲストで招かれた中日ドラゴンズの元プロ野球選手・宇野勝氏も「(高橋氏が)人が変わったように打ちましたよ。ビックリしましたよ!」と、高橋氏の当時の変貌ぶりをスタッフにアピールするように語っていた。

この年、打率「.305」、盗塁70も決めており、「今だったら(年俸)4億5000万(円)ぐらい」とも豪語した高橋氏。当時を知る広島ファンは再び胸を熱くさせたであろう、見ごたえのある回だった。(ユーチューブライター・所ひで)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

プロ野球、7月開幕も…緊急事態宣言の1カ月延長濃厚、球宴は難しく

プロ野球、7月開幕も…緊急事態宣言の1カ月延長濃厚、球宴は難しく

5月中を断念したプロ野球の開幕は、6月末から7月初旬の期間へずれ込む可能性が高まった。 政府は30日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する緊急事態宣言について、期限の5月6日から1カ月程度延長する方 …

現役ドラフトの問題点を高木豊が指摘…選手たちの心情、ルールに疑問

現役ドラフトの問題点を高木豊が指摘…選手たちの心情、ルールに疑問

出場機会に恵まれない選手の移籍の活性化を図る「現役ドラフト」が、12月9日に開催される。球界初となる試みに対してはさまざまな声が挙がっているが、果たして選手たちに光をもたらす結果になるのか。かつて大洋 …

和田一浩「左の好打者はいるけど、パワー打者がいない広島が心配」

和田一浩「左の好打者はいるけど、パワー打者がいないカープが心配」

ヤクルトの4年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた交流戦。今季はセが55勝53敗でパに勝ち越しました。12球団の戦いぶりは、日刊スポーツ評論家の宮本慎也氏(51)と和田一浩氏(49)の目にはどう映ったのか。1 …