カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

チケット問題、不正転売者バスターズ…誰もやらないからファンがやる

2018年2月19日

チケット問題、不正転売者バスターズ…誰もやらないからファンがやる

マツダスタジアム正面に2月16日に設置された警告書!追加で「チケットゲッターは敷地内立ち入り禁止」と明記されたし…

国内で逮捕者続出のチケット転売問題…。しかしマツダスタジアムに関しては、相変わらずのテント村(チケット販売待ち徹夜の行列)と、チケットゲッター(高額転売者)の暗躍と…。

売り出されたばかりのマツダスタジアム年間指定席が、今年も早々とネットオークションに出されるなど、高額チケット転売問題は解決するどころかますます混迷の度を深めている。

「今年はさらにチケットの入手が困難になった」とはファンの声。

年間指定席購入者やカープファン倶楽部会員対象の事前販売で「ネットにはなかなか繋がらないし、やっと繋がってもあっという間に完売した」という。

マツダスタジアムにおけるチケット問題は2015年シーズンの「男気・黒田」の復活を境にいっそう需要と供給のバランスが崩れることとなったが、ここに来てさらに厳しい状況になっている。

「供給」量が一段と減っていることは誰でも容易に想像できる。

不正転売は2020年東京オリンピック、パラリンピックに向けても大きな課題となっている。チケット転売生活3年間で約6千万円を荒稼ぎして逮捕された者もいる。だが、実際のとことはチケットゲッターと不正対策はいたちごっこになっている。

そんな中、ネット上ではオークションに出されてるマツダスタジアムのチケットに関して、明らかに不正と分かるケースについて広く通報を呼びかけ、不正出品を「削除」する動きが広まりつつある。その”成果”もネット上で紹介されている。

ヤフーオークションを例にとれば、「違反申告のボタン」があるので、それを復数人でクリックすることにより”怪しげな”出品は「不適切な商品」と判断され「削除」される。

次から次へと「マツダスタジアムチケット」の転売者は出現する。「年間指定購入者で、注目の試合、人気の試合を何度でも転売する不届き者もいる、何度言っても球団は取り合ってくれない」という証言もある。

もはやチケット問題解決の命運を握るのはファン自身…。

おそらく、そういうことなのだろう。

ネットパトロールして、片っ端から不正転売商品を「削除」まで持ち込むには膨大な時間と労力が必要だが、チケットゲッターの主戦場であるネット上において合法な手段で対処するには、この”チケットゲッターバスターズ”共闘以外、今のところ有効な手段はなさそうだ。

(※引用元 ひろスポ!

関連記事

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人は「揺さぶり」をかけていた

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人へ「揺さぶり」をかけていた

フリーエージェント補強の代償で、原巨人は内海哲也、長野久義といった主軸の生え抜きを喪失した。両ベテランとも他球団のドラフト指名を蹴って巨人入りした経緯もあるだけに、ファンの衝撃はまだ続いている。 「内 …

スポーツ紙が報じない「ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由

スポーツ紙が報じない「ロッテ・丸佳浩」が誕生するたった1つの理由

FA戦線が例年以上にアツい──。日本シリーズが終了し、ストーブリーグに突入したプロ野球。西武の浅村栄斗、オリックスの西勇輝らがFA宣言しているが、広島の「丸佳浩(まる よしひろ)」も目玉の1人である。 …

球団史上初の5カード連続負け越し…わずか3安打、誠也の一発も空砲

新井氏「強くなる試練だ」/5カード連続負け越しの後輩へ『エール』

デイリースポーツ評論家・新井貴浩氏(42)が14日、開幕から5カード連続負け越しとなったカープへ、提言とエールを送った。現役時代は苦しい時代もリーグ3連覇した黄金時代も経験。酸いも甘いも知る新井氏が独 …