カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也に米移籍サイトが懸念「日本でもう1年プレーする可能性もある」

2022年1月6日

誠也に米移籍サイトが懸念「日本でもう1年プレーする可能性もある」

昨年11月に広島からポスティング・システムでのメジャー挑戦を表明した鈴木誠也。現地で連日のように名前が取り沙汰されているが、その一方で不安要素もあるようだ。

現地時間1月3日、MLBの移籍情報を発信し続けている『MLB Trade Rumors』は、まだ市場に残っている注目のフリーエージェント(FA)20名を特集。クレイトン・カーショウやカイル・シュワーバーといった実績十分の選手が名を連ねるなか、そのひとりに鈴木が取り上げられている。

プロ入り9年目を終えた27歳は、昨年のレギュラーシーズンで打率.317と出塁率.433をマークし、圧巻のリーグ2冠を達成した。さらに、セ・リーグのベストナインでは6年連続6度目の選出。充実の1年間を過ごし、日本球界屈指の5ツールプレーヤー(ミート力、長打力、走力、守備力、肩力)として声価を高めた。

しかし現在は、交渉期間のリミットまで約20日間を残した段階で身動きが取れなくなっている。そんな鈴木について、同サイトは「今月中にMLBロックアウトに進展がなければ、宙ぶらりんな状態で待つより、日本でもう1年プレーする可能性もある」と分析し、米紙『New York Times』に執筆するブラッド・レフトン氏の指摘を紹介している。

「日本のスプリングトレーニングは2月1日に始まり、現MLBのスケジュールより約3週間早い。健康上の問題を抱えている場合を除き、日本で遅刻する選手はほとんどいない。スズキにカープ復帰の考えがあるなら、おそらく2月1日に他のメンバーとともにそれを実行したいはずだ」

はたして日本が誇る天才スラッガーはどの球団を着地点として迎えるのか。勝負の2022年シーズンへ向け、本人の納得がいく決断が下せることを願うばかりだ。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

ウエスタン・リーグ2冠の2年目・林晃汰が初昇格「とにかく打つ!」

ウエスタン・リーグ2冠の2年目・林晃汰が初昇格「とにかく打つ!」

広島2年目の林晃汰内野手(19)が、プロ入り後初めて1軍に昇格した。 今季ウエスタン・リーグでは57試合で4番に座り、打率2割5分9厘ながら、リーグトップタイの7本塁打、同1位の32打点と2冠を誇り、 …

栗林「4球種の底上げと制球力」、2年目の「進化論」/インタビュー

栗林「4球種の底上げと制球力」、2年目の「進化論」/インタビュー

昨季を超える。広島栗林良吏投手(25)が日刊スポーツの単独インタビューに応じた。2年目の春季キャンプは持ち球の精度と制球力向上をテーマに掲げ、初日から精力的に投げ込んできた。22日の初実戦では1回完全 …

玉村昇悟、初対外試合16日・DeNA戦で先発「精いっぱい頑張る」

玉村昇悟、初対外試合16日・DeNA戦で先発「精いっぱい頑張る」

広島の玉村昇悟投手(21)が、今季初の対外試合となるDeNAとの練習試合(16日・コザ)に先発することが14日、決まった。 人口2万人余りの福井・越前町出身で、21世紀枠でセンバツ出場が決まった丹生( …