カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

2022年4月5日

誠也、契約の裏にあった三つの『棚ボタ』…なぜ、ここまで高騰した?

広島の鈴木誠也外野手(27)がポスティング制度によりカブスと契約した。5年契約で総額8500万ドル。日本円にして実に100億円を超える。失礼ながら、分不相応な額に映るが、

「賃金水準が低い“安すぎる日本”には特にそう見えるのでしょう。とはいえ、8500万ドルという数字は大リーグでも破格です」

とスポーツ紙大リーグ担当記者が語る。

「当初、彼のプライスタグは3~4年契約で30億~40億円程度とされていました。それが幾つもの“棚ボタ”が重なって、バブルのように高騰していったのです」

第一の“棚ボタ”は、今季からナ・リーグでも導入される“DH制”である。

「これにより、各球団の野手のレギュラー枠が1枠増えた。つまり、ナ・リーグ全体で一気に15個の空席が生じたのです。守りの上手い誠也がDHで使われることはありませんが、どのチームにも守備が下手な強打者はいる。誠也を獲得してその選手をDHに回せば、チームの守備力もアップして一石二鳥です」

ロックアウトも後押しに

しかも、大リーグ研究家の友成那智氏によると、

「今オフのFA市場で、守備が上手い外野手は、誠也とマルテという選手の二人だけ。そのマルテは11月末に早々と移籍先が決まった。つまり、市場にライバルがいなかったのです」

これが第二の“棚ボタ”。そして、ダメ押しとなったのが、“ロックアウト”である。先の記者によると、

「本来のポスティングは交渉期間が30日間に限られ、選手側は決断を急かされていた。ところが、労使交渉が難航してロックアウトとなった今オフは、ロックアウト中の交渉が表向きできないため、交渉期間に算入されなくなったのです」

そうした中、交渉は水面下で行われ、

「カブスの他にジャイアンツやパドレスなど複数のナ・リーグ球団からラブコールがあり、ロックアウト中も誠也の値段がぐんぐん上がっていったのです」

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

赤松、やっと光が見えた!胃がん手術から2年…瞬発力、パワーも回復

広島・赤松真人外野手(36)が12月30日、「ラストイヤーの気持ちで臨む」という来季の完全復活を改めて誓った。胃がんの切除手術から約2年。2軍で55試合に出場した今季は、夏場以降に不安が手応えに変わっ …

鈴木誠也、背番号「1」に変更!球団「背負えるのは誠也しかいない」

鈴木誠也、背番号『1』に変更!球団「背負えるのは誠也しかいない」

広島は19日、鈴木誠也外野手が背番号「51」から「1」に、松山竜平外野手は同「44」から「55」に、曽根海成内野手は同「59」から「00」に、それぞれ変更すると発表した。前田智徳氏で馴染みの深い背番号 …

栗林が新人最多13試合連続無失点に王手!甲斐野が2019年に記録

栗林が新人最多13試合連続無失点に王手!甲斐野が2019年に記録

広島のドラフト1位栗林良吏投手(24)がデビューから12試合連続無失点とし、ソフトバンク甲斐野が19年にマークしたドラフト制後の新人最多となる13試合連続に王手をかけた。 「緊張感もすごくありましたし …