カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大盛穂、守備固めや代走要員からの脱却/ユーティリティーの『極意』

2022年6月16日

大盛穂、守備固めや代走要員からの脱却/ユーティリティーの『極意』

俊足強肩の大盛穂は今季、スーパーサブを脱する覚悟で臨んでいる。チーム屈指の走力と180センチの体から放る強肩が売りのプロ入り4年目戦士。佐々岡監督も「守備と走塁に関してはスペシャリスト」と高い評価を出してきた。

オフには自らの立ち位置も踏まえた上で、今季の意気込みを口にした。「僕はタイプ的に長打より、出塁が求められる。でもそれはあくまで評価だと思う。長打や本塁打も打てるに越したことはないので、長打を狙ったりするのも構わないと思う」。

プロ入り通算は2本塁打ながらパンチ力も兼ね備える。2月のオープン戦(27日の日本ハム戦=名護)では右越えの本塁打も放った。「あれがなければ二軍に落ちていたかもしれない」と振り返る一発もあり、開幕一軍に名を連ねた。

大きなチャンスが巡ってきたのは5月18日の巨人戦(東京ドーム)だ。一番・右翼で今季5試合目のスタメン出場。5打席で4度出塁(1安打3四球)と貢献すると、翌19日もスタメンを勝ち取った。しかしこの日は4打席出塁なし。

その後はベンチスタートが続き、同30日に出場選手登録を抹消された。「やはり打たないといけない」と悔しさを持って一軍施設をあとにした。

「調子がいい人が出たらいいのかもしれないが、強いチームはレギュラーがしっかりしていて、その裏で控え選手もしっかりしている。僕自身ライトに定着したいと思って過ごしている」。

今季は守備固め、代走要員には甘んじない。打力に磨きをかけて、いまだ本命不在の正右翼手争いにピリオドを打つ。(写真=榎本郁也)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

続投か、それとも…監督12人の来季/緒方も最終戦後に進退明かすか

続投か、それとも…監督12人の来季/緒方も最終戦後に進退明かすか

プロ野球のペナントレースが残りわずかとなった。セ・パ両リーグの優勝チームが決まり、順位が確定したパ・リーグは、西武、楽天、ロッテの3チームがすでに143試合を終えている。 セ・リーグは3位・広島が20 …

クライマックスシリーズで、一発逆転は間違っている/広岡達朗コラム

クライマックスシリーズで、一発逆転は間違っている/広岡達朗コラム

ルールは公平であるべきだ 今年のセ・リーグは広島の優勝で決まりだろう。カープのバッターで感心するのは、来たボールに対して逃げないことだ。ほかの球団に関しては、外野手出身の監督はどちらかというと欠点が見 …

赤ヘルをかぶっただけで…カープファンは関西でいじめられるのか!?

赤ヘルをかぶっただけで…カープファンは関西でいじめられるのか!?

まもなく終わろうとしている2019年。元号が変わったことで、何かと平成元年のことを思い出す機会が多かったのではないだろうか。ところで、広島の人々や全国のカープファンにとっては、思い出深い「元年」がもう …