カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

高橋慶彦氏が秋山の下半身の粘り不足を指摘も、活躍されては困る理由

2022年7月26日

高橋慶彦氏が秋山の下半身の粘り不足を指摘も、活躍されては困る理由

今シーズン途中から、期待されて広島に入団した秋山翔吾だが、13試合を消化した7月23日終了時点で、3本塁打、13打点の打率.280。決して悪くない数字だが、2015年に日本プロ野球記録を樹立した216安打を考えると、少々物足りなく感じてしまう‥‥。

広島OBの高橋慶彦氏が、自身のYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉で、現在の秋山の打席を分析(7月21日)。

「メジャー行ってるときのクセが抜けてないのかな。(中略)下半身が粘りがないね。メジャーのピッチャーって、『1、2』で投げてくる。そのタイミングになってしまってるね、下(下半身)が…」

「1、2」で打つタイミングを「1、2の…」まで下半身で粘る必要性を示唆。

「それが直ってきたらガンガン打つし、もう打ってもらっても困るんだけどさ…」

そう発言した真意は、自身が79年に日本プロ野球記録を樹立した「33試合連続安打」を指してのもの。

過日、阪神の近本光司が、球団記録に並ぶ30試合連続安打を記録して話題となったが、秋山はそれを上回る31試合連続安打を15年に記録している。

高橋氏は、選手の連続試合安打記録が近づいてくると、精神的には疲れるそうで、「もう抜かして!」と思う反面、新記録成らずの報に「ホッとする」と本音も吐露。

とはいえ、高橋氏の記録を脅かす活躍を、広島ファンは秋山に期待したいところだろう。(ユーチューブライター・所ひで)

(※引用元 Asagei Biz

関連記事

『特殊なカーブ』に、江夏豊さんも驚愕!森下暢仁の開幕が待ち遠しい

『特殊なカーブ』に、江夏豊さんも驚愕!森下暢仁の開幕が待ち遠しい

新型コロナウイルス禍の影響で、3月20日のプロ野球開幕の延期が決まった。こればっかりは終息を待つしかない。開幕から逆算して周到な準備をしている選手も大変である。“見えない解禁日”はなお厄介だが、この男 …

菊池ついに陥落か…セの「GG賞」は波乱?データで予想する候補とは

菊池ついに陥落か…セの「GG賞」は波乱?データで予想する候補とは

守備の総合指標「UZR」でみるゴールデングラブ賞の行方は? ペナントレースは残り30試合前後となり、最終盤を迎えた。セ・パともに熾烈な優勝争いに注目が集まる一方、個人成績による栄冠の行方も気になるとこ …

カープ移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

カープへの移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

大物選手がFA権を行使して移籍してくる代償として、その大物選手の旧所属球団が自分を指名する――。 それは、チームが28人のプロテクトリストから自分を外したから。しかし、それで出場機会が飛躍的に増えるケ …