カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト会議「9球団が1位指名公表」視聴率にも影響?過去の名場面

2022年10月20日

ドラフト会議「9球団が1位指名公表」視聴率にも影響?過去の名場面

2022年プロ野球ドラフト会議が10月20日の17時から始まる。毎年“運命の”と形容されるように、候補選手たちの人生を左右する1日となる。10月19日時点で、巨人が浅野翔吾(高松商高)、広島が斉藤優汰(苫小牧中央高)、オリックスが曽谷龍平(白鴎大)、ソフトバンクがイヒネ・イツア(誉高)、西武が蛭間拓哉(早大)、楽天が荘司康誠(立教大)、日本ハムが矢澤宏太(日体大)、ヤクルトが吉村貢司郎(東芝)、中日が仲地礼亜(沖縄大)と、実に9球団が1位指名選手を公表している。

「これだけの数の球団が事前に発表するのは異例ですね。しかも、各球団とも別の選手で、1人も被っていない。1位指名選手を公表したチームは、それ以外の球団に“競合を避けてほしい”という狙いがあると思います。駆け引きの1つですよ」(野球担当記者)

過去のドラフトでは事前の大方の予想と違う選手を指名し、大きな話題になった球団もあった。

「昔から公表に近いことはありましたが、他球団は『本当に指名するのか?』と疑心暗鬼になっていた。思い出すのは、PL学園の桑田真澄と清原和博がドラフトの目玉として注目されていた1985年です。桑田は早稲田大学への進学を表明しており、ほとんどの球団は手を引いた。清原は巨人か阪神を熱望していましたが、数球団の入札が予想されていました。

ドラフト前、巨人は清原を指名すると報じられていました。絶対に1位指名すると公表したわけではないですが、当時の王貞治監督も認めているように捉えられる発言をしていた。しかし、西武は疑っていたようです。実は巨人の狙いは、1位・清原、2位・桑田だったと言われています。それを察知した西武の根本陸夫管理部長が『西武が桑田真澄を1位指名するかもしれない』という情報を流して、巨人を慌てさせた。そして当日、巨人は1位指名を清原から桑田に切り替えた──。このような説が今では一般的になっています」(同前)

逆指名制度の導入時は視聴率が半減

ドラフトは選手の将来を決める大事な会議だが、エンターテイメントの要素も詰まっている。ファンはどの球団が誰を入札するかを予想し、当日の意外な指名に驚く。複数の球団が競合した場合のくじ引きは、ドラフトが最も盛り上がる場面である。

「最近、プロ野球が地上波で放送される機会はどんどん減っているし、土日の14時や15時から中継されても、巨人戦で4%前後ですよ。今年は巨人戦で2%台もあったし、巨人以外の試合だと1%台もある。それなのに、ドラフトは毎年中継されて、平日の夕方にもかかわらず、視聴率が10%を頻繁に超えています。プロ野球人気の維持や向上に一役買っていることは間違いないでしょう。

ちなみに、隅田知一郎(西武)が4球団に指名された昨年は9.2%、佐藤輝明(阪神)や早川隆久(楽天)に4球団が競合した2020年は10.0%、奥川恭伸(ヤクルト)や佐々木朗希(ロッテ)が抽選になった2019年は11.0%(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)でした。今年はくじ引きの数も少なくなりそうで、2桁を割るかもしれませんね」(民放のスポーツ局担当者)

事前に指名を公表する球団が9つもあれば、エンターテイメント性は薄れるだろう。どの球団が誰を入札するかを注視し、当日まで楽しみにしているファンも多い。

「巨人の長嶋茂雄監督が松井秀喜の交渉権を引き当てた1992年、ドラフトは過去最高視聴率の20.0%をマークしました。しかし、逆指名制度に変わった1993年は事前に誰がどの球団に指名されるか視聴者も知っていたため10.8%と半減しました。同じ土曜日の昼に放送されましたから、制度が変わって魅力がなくなったことが明白でした。翌年にはテレビ中継自体がなくなりましたからね。その後、復活しましたが、逆指名時代は盛り上がりに欠けました」(同前)

今年、1位事前公表の9球団は本当にその選手を指名するのか。

「最近の世の中や野球界の時流を考えると、変えることはないでしょう。西武やダイエーの黄金時代の下地を作った根本さんのような寝業師もいないですし、ファンから猛烈なバッシングを浴びかねない。今は予告先発制度が両リーグで毎試合採用されているように、“正々堂々”と勝負する風潮がある。

とはいえ、良い悪いは別として、“寝業師”の存在がドラフトや球界を盛り上げてきたのも事実でしょう。相撲に例えれば、押し出し、寄り切りばかりじゃつまらない。けたぐりや猫騙しなどの特殊な戦法を取る力士もいるから、人気が上がる。野球界も真っ向勝負ばかりじゃ、戦力のあるチームが順当に勝つだけで面白くない。そういう意味では、1つくらいは何をしてくるかわからないチームがあると盛り上がると思いますが、そんなチームが出てくるかどうか」(前出・野球担当記者)

今年のドラフト会議、波乱はあるのか──。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

CSラスト1枠どうなる?3~6位球団すべての自力CSの可能性消滅

CSラスト1枠どうなる?3~6位球団すべての自力CSの可能性消滅

セはヤクルトの優勝とDeNAの2位が確定。一方、3位以下は確定せず、前日まで巨人に点灯していたクリンチナンバー3が消滅し、3~6位球団すべての自力CS進出の可能性が消滅する珍事になった。 これは、3位 …

セ・リーグ、30日の試合を終えての勝敗で…珍事がネットで話題に!

セ・リーグ、30日の試合を終えての勝敗で…珍事がネットで話題に!

30日のセ・リーグ全試合を終えて、首位広島は5勝0敗、2位巨人は4勝1敗、3位ヤクルトは3勝2敗、4位DeNAは2勝3敗、5位中日は1勝4敗、最下位阪神は0勝5敗と全チーム1ゲーム差ずつ離れているなど …

イチロー先生の訪問、行き先の決め手は…気持ち伝わる『手紙』で決断

イチロー先生の訪問、行き先の決め手は…気持ち伝わる『手紙』で決断

日米球界で活躍したイチロー氏(48)が29日、昨年12月の智弁和歌山高に続いて今年は東京・杉並の國學院久我山高を訪れ、高校球児たちに指導を行った。神出鬼没のレジェンドが行き先を選ぶ決め手とは? 現役引 …