カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ワケありトレード2連発!巨人長野「密約」説、西武の「不祥事」背景

2022年11月3日

ワケありトレード2連発!巨人長野「密約」説、西武の「不祥事」背景

何やら、きな臭いトレードが2件も同日に発表されたのは偶然か。11月2日、巨人は広島の長野久義外野手(37)を無償トレードで獲得したと発表。また、日本ハム・佐藤龍世内野手(25)と西武・山田遥楓内野手(26)の交換トレードも両球団から発表された。

長野は5年ぶりの「出戻り」。19年、巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償として、広島に放出された形だった。長く巨人の中心選手だった長野も、広島移籍後は年間100試合出場したシーズンはなく、近年は代打などでの出場が増えていた。今季は58試合出場で打率.211、3本塁打、15打点だった。

広島の鈴木清明球団本部長は、今回の経緯について「彼の野球人生を考えてのこと。2度もドラフトを拒否して、巨人を貫いた選手。いつかユニホームを脱ぐとしたら、やっぱり巨人で、とずっと思っていた。体も技術も、今ならまだ来年も働けるだろうと」。夏ごろからトレードを打診し、成立しなければ、来季も契約を結ぶ方針だったと明かした。

言葉を額面通りに受け取れば、引退や指導者の道など将来を考えた広島の「親心」。だが、広島の外野陣は、メジャーから日本復帰した秋山翔吾の加入で競争が激しく、長野の居場所がなくなっていた可能性は高い。古巣復帰に巨人ファンは歓喜しているが、戦力的に多くを望むのは難しいだろう。

また巨人では長野がつけていた背番号7が空き番だったことで、一部ファンからは「最初から決まっていた話では?」という『密約説』も浮上。長野と同じような境遇で、巨人の功労者ながら人的補償で西武に移籍した内海哲也の背番号26は、すでに他の選手がつけている。「7番は巨人が長野のために空けて待っていた」と勘ぐられても仕方ないだろう。

一方、西武と日本ハムの1対1トレードは「不祥事」絡みで、構図としてはわかりやすい。西武山田は9月、自身の妻がチームの中心選手である源田壮亮とその妻である元乃木坂46の衛藤美彩に、SNS上で誹謗(ひぼう)中傷を繰り返していたことが発覚。源田は穏便に済ませるよう願っていたが、西武球団が対処に動いたことが想像できる。

交換相手の日本ハム佐藤も、西武に「出戻り」になる。西武時代の佐藤は、緊急事態宣言中の20年4月に法定速度を89キロオーバーする時速149キロで車を運転し、懲役3月、執行猶予2年の判決を受けている。翌21年8月、木村文紀外野手と2対2の交換トレード(相手は公文克彦投手と平沼翔太内野手)で日本ハムへ移籍していた。

北海道出身の佐藤だが日本ハムで振るわず、今季は37試合で打率.115、1本塁打、4打点だった。山田は今季74試合出場で打率.200、0本塁打、9打点。ワケあり2人のトレード成立に、SNSでは「行き場のない『不良債権』を押し付けあった形」という厳しい書き込みもあった。

プロは結果を出すことでしか、見返すことができない。三者三様、心機一転の活躍に期待したい。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と、3連覇への『課題』

前進か―、後退か―、緒方カープの敗因と3連覇への『課題』

37年ぶりのセ・リーグ連覇の感動が、どこか遠くへ行ってしまった感がある。 日本シリーズが終了し、レギュラーシーズンで94勝と圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一に輝いた。しかし …

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

個人目標をほとんど口にすることのない丸佳浩が、口を開いた。「試合に出続けることは、僕にとっての数少ない野球に対するこだわりです。モチベーションになっています」 2013年5月20日から始まった連続試合 …

大物ベテラン選手と反りが合わない!選んだ理由は「人間関係」だった

大物ベテラン選手と反りが合わない!選んだ理由は「人間関係」だった

なぜか古巣に戻らなかったのか 7月8日の中日対広島戦は、パドレス傘下の3Aエルパソを自由契約となり、広島カープに加入した秋山翔吾外野手(34)にとっても国内復帰初戦だった。「3番・左翼」でスタメン出場 …