カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

2019年5月27日

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

僕は四番として黒田さんはエースとして

黒田さんと話をするようになったのは、3年目の終わりくらいだったと思います。2002年オフに、金本知憲さんが阪神にFAで移籍し、僕は代わりの四番として、01年に12勝を挙げていた黒田さんは、エースとして期待されていました。2人でカープを支えていかなきゃいけないという強い思いがありました。

ただ、その後、お互い、なかなか思うような結果が出せず、苦しい時期もありました。そのうち黒田さんが食事に誘ってくださるようになったのですが、愚痴を言い合ったわけではありません。カープを強くするためにはどうしたらいいのかと、いつも熱く語り合いました。

黒田さんで覚えているのは、05年の終盤です。優勝の可能性なんてとうに消えていました。完全に消化試合となった神宮のヤクルト戦(10月7日)ですが、私には燃える理由がありました。黒田さんの最多勝がかかっていたのです。

先発は大竹寛でしたが、同点の5回に黒田さんが登板。互いに2点ずつ取った8回表、一死一、二塁で、四番の僕に打順が回ってきました。ピッチャーはサイドハンドの吉川昌宏君です。

思い切りバットを振り抜くと、ライト線に2点タイムリーの三塁打!お客さんも少ないし、さほど沸いてもいないのに、三塁に滑った後、大きくガッツポーズをしました。三塁ベンチ前でキャッチボールをしていた黒田さんも、こっちを向いて右手を上げてくれた。あのときは間違いなく、「自分のため」じゃなく、「黒田さんのため」に打ちました。

その後もそうですが、僕は自分のためにと思ってやるより、誰かのためにと思ってやるほうが力が出ます。

ただ、あのときは「黒田さんのため」と思ってはいましたが、逆に考えたら、黒田さんという存在が僕に打たせてくれたといってもいいのかもしれません。黒田さんが僕に力をくれ、燃えさせてくれ、それが結果につながった。これがチーム全体でできていたのが、強くなってからのカープだと思います。

この試合の勝利投手となった黒田さんは、阪神の下柳剛さんとタイながら最多勝のタイトルも手にしました。僕にとっても初めて打率3割に達し(.305)、43本塁打でホームラン王になった年です。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

パ・リーグに加入していたら… 本誌創刊の1958年(昭和33年)、広島カープは5位。優勝はおろかいまだAクラスの経験もなく、いつ抜け出せるかも分からぬ長い低迷時代の中にあった。 もちろん、球団の歴史は …

赤松コーチが銀座でトークショー、引退を語る「力、及ばずなんです」

赤松コーチが銀座でトークショー、引退を語る「力、及ばずなんです」

昨季限りで現役引退し、今季から広島の2軍外野守備・走塁コーチに就任した赤松真人コーチ(37)が10日、東京・銀座のひろしまブランドショップ「TAU」で行われたトークショーにゲスト出演した。 京都府出身 …

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

昨季は6組の兄弟選手がいたが、今季は激減 7月6日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、巨人の田中俊太内野手は「2番・二塁」で先発出場し、3打数無安打に終わった。その4歳上の兄で広島の田中広輔は「1番・遊撃 …