カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

2019年5月27日

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

僕は四番として黒田さんはエースとして

黒田さんと話をするようになったのは、3年目の終わりくらいだったと思います。2002年オフに、金本知憲さんが阪神にFAで移籍し、僕は代わりの四番として、01年に12勝を挙げていた黒田さんは、エースとして期待されていました。2人でカープを支えていかなきゃいけないという強い思いがありました。

ただ、その後、お互い、なかなか思うような結果が出せず、苦しい時期もありました。そのうち黒田さんが食事に誘ってくださるようになったのですが、愚痴を言い合ったわけではありません。カープを強くするためにはどうしたらいいのかと、いつも熱く語り合いました。

黒田さんで覚えているのは、05年の終盤です。優勝の可能性なんてとうに消えていました。完全に消化試合となった神宮のヤクルト戦(10月7日)ですが、私には燃える理由がありました。黒田さんの最多勝がかかっていたのです。

先発は大竹寛でしたが、同点の5回に黒田さんが登板。互いに2点ずつ取った8回表、一死一、二塁で、四番の僕に打順が回ってきました。ピッチャーはサイドハンドの吉川昌宏君です。

思い切りバットを振り抜くと、ライト線に2点タイムリーの三塁打!お客さんも少ないし、さほど沸いてもいないのに、三塁に滑った後、大きくガッツポーズをしました。三塁ベンチ前でキャッチボールをしていた黒田さんも、こっちを向いて右手を上げてくれた。あのときは間違いなく、「自分のため」じゃなく、「黒田さんのため」に打ちました。

その後もそうですが、僕は自分のためにと思ってやるより、誰かのためにと思ってやるほうが力が出ます。

ただ、あのときは「黒田さんのため」と思ってはいましたが、逆に考えたら、黒田さんという存在が僕に打たせてくれたといってもいいのかもしれません。黒田さんが僕に力をくれ、燃えさせてくれ、それが結果につながった。これがチーム全体でできていたのが、強くなってからのカープだと思います。

この試合の勝利投手となった黒田さんは、阪神の下柳剛さんとタイながら最多勝のタイトルも手にしました。僕にとっても初めて打率3割に達し(.305)、43本塁打でホームラン王になった年です。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

即戦力ナンバーワン投手、新人王最有力候補と言われる広島ドラフト1位・森下(明大)が、初めてプロの洗礼。オープン戦最終戦のソフトバンク戦(15日=マツダスタジアム)で4回被安打7、5失点。この森下の本拠 …

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

中村祐太、3勝後に内容一変「実質2年目の壁」に悩む/2年目の明暗

今季は先発ローテーションの一角と期待された右腕・中村祐太が苦しんでいる。4月18日のヤクルト戦(マツダ広島)7回1失点から、開幕3戦3勝の好スタート。同24日のDeNA戦(横浜)では9回途中2失点で2 …

誠也、3連覇へ「来季は4番でフル出場」!ケガして気付いた大切なこと

誠也、3連覇へ「来季は4番でフル出場」!ケガして気付いた大切なこと

肩を借りてグラウンドに現れた。広島・鈴木だ。右くるぶし骨折、三角じん帯損傷のリハビリ中だが、ギプス固定した足で広島から来た。胴上げの輪に笑顔で加わり、ファンへのあいさつには野間らに支えられて向かった。 …