カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

広島カープ・緒方監督にささやかれる、「真面目な性格」ゆえの心配…

2019年4月18日

広島カープ・緒方監督にささやかれる、「真面目な性格」ゆえの心配…

リーグ最下位の広島が2019年4月16日、鹿児島・平和リース球場で巨人と対戦し2-8と大敗した。広島の先発クリス・ジョンソン投手(34)の立ち上がりが安定せず、2回までに4失点。中継ぎ陣も踏ん張れず、巨人打線に計10安打を許して大量8点を奪われた。これで借金は「8」にふくらみ、1位ヤクルトとは7ゲーム差に。巨人との2連戦の初戦を落としたことで、開幕から6カード連続で勝ち越しなしが決まった。

開幕から続く「投壊」。さらに深刻なのが打線の低迷だ。得点圏内に走者を出してもことごとく築き上げられる凡打の山…。「タイムリー欠乏症」にあえぐ広島は、4月13日のDeNA戦以来、実に23イニング連続でタイムリーが出ていない。セ・リーグ一の爆発力を誇った昨シーズンまでの赤ヘル打線の面影すら見えず、チーム打率はリーグワーストの.207と、深みにはまり込んでいる。

「本当に細かいことを言えばキリがない…」

「タイムリー欠乏症」の象徴的シーンが4回の攻撃。先頭の鈴木誠也外野手(24)がソロ本塁打で反撃のノロシを上げ、2つの四球と安部友裕内野手(29)の2塁打などで1死満塁のチャンスが。ここで緒方孝市監督(50)が動いた。9番ジョンソンをベンチに下げて西川龍馬内野手(24)を打席に送り込んだ。西川はセンターへ犠飛を放ち、最低限の務めを果たしたが、続く1番・田中広輔内野手(29)が二ゴロに倒れ万事休す。5回以降「0」行進が続いた。

「打てない」打線に失望するファンが続出する一方で、広島OBからは守備面での苦言も。広島OBで野球解説者の北別府学氏は2019年4月16日、「生まれ故郷鹿児島で」のタイトルで自身のブログを更新。「本当に細かいことを言えばキリがない。序盤、満塁で丸の打球、丸は足が速いのだからファーストに投げるよりホームに投げろ、、、投手たちよ、リズムが悪いからにも悪影響がある」と広島の守備のまずさに言及した。

北別府氏が指摘したのは2回の巨人攻撃の場面だ。1死満塁で打席には丸佳浩外野手(30)が。内野はダブルプレーのシフトを敷き、丸は3ゴロに倒れたが、併殺崩れの間に3塁走者がホームに生還し巨人は1点を追加。続く3番クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)に決勝点となる2点タイムリーが飛び出し、またも序盤で試合が決まってしまった。

「シーズン途中で自ら決断を下す可能性も…」

借金「8」で首位とは7ゲーム差。しかも23インニング連続でタイムリーが出ず、負の連鎖が止まらないチーム状況に、緒方監督に関してOBたちから心配の声が上がっているという。在京球団の関係者によると、OBらが口をそろえるのが、緒方監督の「真面目な性格」ゆえの心配だという。

前出の関係者は「緒方監督の性格は頑固なところもあるが、一本気なところがある。開幕から続く悪い流れも、『自分の采配の悪さ』とすべてひとりで抱え込んでいる。まだシーズンが始まったばかりとはいえ、チームは想定を超える調子の悪さ。このままの状態が続けば、緒方監督の性格からシーズン途中で自ら決断を下す可能性もあるのではないかと、多くのOBが心配しています」と表情を曇らせた。

「打線は粘り強くやっている。あとは俺の采配や判断だった」。緒方監督は16日の試合後も、これまでと変わらず選手をかばいながら全責任を自身でかぶった。

(※引用元 J-CAST

関連記事

誠也が培ったリーダーの自覚「自分も変わらないといけないなって…」

誠也が培ったリーダーの自覚「自分も変わらないといけないなって…」

2020年、鈴木誠也は広島だけでなく、日本の顔になる。広島ではチームの復権に欠かせない超主力であり、東京五輪に臨む侍ジャパンでは4番の最有力候補。新たな1年で鈴木は、全国の注目を集めるに違いない。 昨 …

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

『自分のため』じゃなく、『黒田さんのため』に!/新井貴浩コラム

僕は四番として黒田さんはエースとして 黒田さんと話をするようになったのは、3年目の終わりくらいだったと思います。2002年オフに、金本知憲さんが阪神にFAで移籍し、僕は代わりの四番として、01年に12 …

カープ伝統の機動力が衰退…盗塁数減少と併殺打増加は解消できるか?

3連覇当時に比べて盗塁数激減 新井貴浩新監督が就任し、4年連続Bクラスから巻き返しを図る広島カープ。課題のひとつに挙げられるのが2022年は12球団最少だった盗塁数だ。 5位に終わった昨季のチーム盗塁 …