カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野、無償トレード復帰を実現させた新井監督『新体制』による裏事情

2022年11月9日

長野、無償トレード復帰を実現させた新井監督『新体制』による裏事情

長野久義の、広島から巨人への「5年ぶりの出戻りトレード」は、なぜ実現したのか。

そもそもは18年オフ、国内FA権を行使して広島から巨人に移籍した丸佳浩の人的補償で、長野が広島に移籍。今シーズンは58試合出場、打率2割1分1厘、3本塁打と、プロ入り後ワーストの成績に終わった。

「気前のいい『チョーさん』は、広島でも健在。ただ、コロナ禍以降は得意の飲みにケーションも大々的に開くことができず、持ち味を今ひとつ発揮できずにいました」(球団OB)

今回の異例の無償トレードの背景には、かつて広島が長野獲得を望んだ経緯と思惑がある。球団関係者が明かす。

「戦力としての評価よりも、巨人へのダメージを優先させたのが、長野の獲得でした。生え抜きのドラフト1位で、打撃タイトルも取ったことがある功労者。まさか持っていかれまいと巨人は油断して、プロテクトの28人から外していたのです。セ・リーグ3連覇を成し遂げ、チームの中心選手だった丸を取られた広島としては、どうしてもやり返したかった」

しかしその後、長野は年齢による衰えが目立ち、戦力としての評価が下がっていた。

「新井新監督になり、事実上の戦力外だったということでしょう。残したところで大幅減俸の上、ポジションもなかなかないですから」 (前出・球団関係者)

長野の人柄の良さが生んだ、精一杯のトレードだったのだ。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

ヤクルト『オープン戦史上初』大入りのウラに…カープファン占拠問題

神宮球場のオープン戦としては異例の「大入り袋」が関係者に配られた。ヤクルトが広島と7-7で引き分けた21日の一戦に、祝日とあって2万5421人が詰めかけた。 昨年3月18日のソフトバンク戦にも2万51 …

カープ投打の主軸が5月月間MVPをW受賞!投手は床田、打者は小園

カープ投打の主軸が5月月間MVPをW受賞!投手は床田、打者は小園

プロ野球は11日、セ・リーグの5月度「大樹生命月間MVP賞」を発表。広島の床田寛樹投手が投手賞、小園海斗選手が打者賞を受賞しました。 床田投手は5月4試合に先発登板し4勝0敗、防御率0.94の活躍。抜 …

1014億の契約額も大谷らしい配慮…多額の後払い、世界一のために

1014億の契約額も大谷らしい配慮…多額の後払い、世界一のために

大谷翔平の契約額が大リーグ史上最大の10年7億ドル(約1014億円)に達した。当初は6億ドルかと言われていたが、それよりも1億ドル多い驚愕の契約額。しかし、この契約には大谷らしい配慮があったという。 …