カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野、無償トレード復帰を実現させた新井監督『新体制』による裏事情

2022年11月9日

長野、無償トレード復帰を実現させた新井監督『新体制』による裏事情

長野久義の、広島から巨人への「5年ぶりの出戻りトレード」は、なぜ実現したのか。

そもそもは18年オフ、国内FA権を行使して広島から巨人に移籍した丸佳浩の人的補償で、長野が広島に移籍。今シーズンは58試合出場、打率2割1分1厘、3本塁打と、プロ入り後ワーストの成績に終わった。

「気前のいい『チョーさん』は、広島でも健在。ただ、コロナ禍以降は得意の飲みにケーションも大々的に開くことができず、持ち味を今ひとつ発揮できずにいました」(球団OB)

今回の異例の無償トレードの背景には、かつて広島が長野獲得を望んだ経緯と思惑がある。球団関係者が明かす。

「戦力としての評価よりも、巨人へのダメージを優先させたのが、長野の獲得でした。生え抜きのドラフト1位で、打撃タイトルも取ったことがある功労者。まさか持っていかれまいと巨人は油断して、プロテクトの28人から外していたのです。セ・リーグ3連覇を成し遂げ、チームの中心選手だった丸を取られた広島としては、どうしてもやり返したかった」

しかしその後、長野は年齢による衰えが目立ち、戦力としての評価が下がっていた。

「新井新監督になり、事実上の戦力外だったということでしょう。残したところで大幅減俸の上、ポジションもなかなかないですから」 (前出・球団関係者)

長野の人柄の良さが生んだ、精一杯のトレードだったのだ。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日に更新したブログで、今季限りで現役を引退した広島・新井貴浩内野手(41)への思いを切々とつづった。 「がむしゃらで、ぶきようなおとこ。」とのタイトルでブログ …

ドアラがマジメに「おしごと」、無人の客席での球拾いが話題【動画】

ドアラがマジメに「おしごと」、無人の客席での球拾いが話題【動画】

DAZN公式ツイッターは「ドアラさん おしごとおつかれさまです」と労いの言葉 中日の人気マスコット・ドアラがナゴヤドームの無人の観客席で小さなカゴを手に黙々とファウルボールをキョロキョロと探す様子をD …

二軍降格の日本ハム・中田、トレード説が浮上?不自然な抹消に憶測が

二軍降格の日本ハム・中田、トレード説が浮上?不自然な抹消に憶測が

2008年のプロ入りから日本ハム(2008-)でプレーし、昨季までに「.252・257本・937打点」といった数字を残しているプロ14年目・32歳の中田翔。17日、その中田が一軍登録を抹消されたことが …