カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト5位・河野佳の「入団拒否」に広島が執念「1位もあり得た」

2022年11月9日

ドラフト5位・河野佳の「入団拒否」に広島が執念「1位もあり得た」

長野久義の「巨人帰還トレード」でプロ野球ファンの高感度をアップさせた広島。そして、次に期待されているのがドラフト指名選手への神対応である。

広島のドラフト5位指名、河野佳(大阪ガス)が「入団拒否」の可能性についてコメントを出したのは10月31日だった。社会人野球・日本選手権の東京ガスとの1回戦後のことで、「心残りがある」と、複雑な胸中を吐露したのだ。

「河野は、プロ野球への憧れはあるものの、もしこのままプロに進んだら、社会人野球の最後の年に貢献できなかったという後悔が残る、と語っていましたね。また、下位指名だと、社会人投手としてのメンツにも関わってきます。広島の1位は高校生投手、斉藤優汰でしたし。ただ、河野はもともと『1位指名か』と言われていたほどの好投手です」(アマチュア野球担当記者)

その評価が下落した理由は、春に発症した扁桃腺にうみが溜まる病気による調整不足だという。

「河野は剛速球をガンガン投げ込むタイプではありません。多彩な変化球と直球のキレ、コントロールで勝負するピッチャーです。それもあって、本調子が出なかった今年は評価が難しかった」(在京球団スタッフ)

また、「キャリア」もマイナスに転じたという。河野は広島県の広陵高校から大阪ガスに進み、指名解禁となる3年目の今年、21歳になった。プロ野球スカウトの大半は、「あと1年、様子を見ても指名は遅くない。1年待っても大学卒と同じ22歳」と、指名見送りを決めたという。

こうして5位指名となった河野だが、前述のように彼は、状況によっては1位もあり得た逸材だ。広島としても失うには惜しい選手だろう。

気持ちが揺れている河野をつなぎ止めることができるのか、交渉の行方が注目されるのである。(飯山満)

(※引用元 Asagei Biz

関連記事

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

ヘルメットが赤になったワケ 1975年、広島カープは球団創設26年目にして初優勝を果たした。今回は長年にわたって染みついた負け犬根性を一掃した指導者について書く。 その男、ジョー・ルーツはクリーブラン …

交流戦最下位に「消化ゲームのよう」球界OBの酷評に…ファンが反発

交流戦最下位に「消化ゲームのよう」球界OBの酷評に…ファンが反発

野球解説者の高木豊氏が、16日放送の『プロ野球ニュース 2021』(フジテレビONE)に生出演。番組内での発言が、ネット上の広島ファンの間で物議を醸している。 番組で高木氏は同日に行われた広島対日本ハ …

広島カープ、『極秘結婚』していた若手ホープの奔放すぎる女性関係…

広島カープ、『極秘結婚』していた若手ホープの奔放すぎる女性関係…

「公表はしていませんが、広島カープのA選手は結婚していて子どももいるのです」(関係者) 広島東洋カープに所属する20代のA選手。名門高校から甲子園に出場した彼は、社会人を経て広島カープに入団した。メキ …