カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

好調・大瀬良が、カープV奪回のカギになる!/川口和久WEBコラム

2023年2月24日

好調・大瀬良が、カープV奪回のカギになる!/川口和久WEBコラム

肩もまったく問題なし

少し前になるが、カープの日南キャンプに取材に行った。天福球場は、カープでの現役時代、2月になると行っていた場所だ。杉に囲まれた独特の景色を見ていると、自然と気持ちが引き締まる。

思い出すだけで筋肉痛になってしまいそうなほどしごかれた。あのグラウンドには、カープの選手の汗がたっぷりしみ込んでいる。

コロナもあって訪れたのは4年ぶりだ。ブルペンに行ったら、懐かしの安仁屋宗八さんがいた。現役時代のコーチで、お酒の大好きな明るい人だ。2人で話していたら、九里亜蓮と床田寛樹が話しながら歩いていたから「仲良さそうだな」と言ったら2人で「へへへ」と笑っていた。

昨年は映像でしかキャンプを見ていなかったが、新井貴浩監督になって雰囲気が明るくなったなと感じた。ブルペンでは大瀬良大地のピッチングも見たが、かなり調子がいい。体が少し大きくなったように見え、球に力があった。

昨年は出足はよかったが、夏場からは球威がなくなり、大失速。前半だけで7勝を挙げながら最終的には8勝と1勝しか上積みできず、年齢的なものもあるのかなと思っていたが、実際は違っていたようだ。

安仁屋さんと2人で少し大瀬良と話すチャンスがあったので、「今年は1年間、頑張ってくれよ」と言ったら、「言わなかったのですが、昨年は肩が本調子ではなかったんですよ」という話をしていた。

それでも佐々岡真司監督から「結果はいい。ただ、最後まで投げ続ける姿をチームに見せてくれ」と言われ、エースの責任感で投げ抜いたと言っていた。

今は肩はまったく問題ないどころが「めちゃくちゃ調子がいいです」と明るい表情で話していた。この時点でも140キロ台後半を出していたし、先日の紅白戦では早くも150キロが出た。

広島は昨年5位とBクラスではあったが、3位の阪神と勝ち星の差はわずか2勝と詰まっていた。大瀬良がしっかり1年間投げ切ることで十分上位に食い込むことはできるだろう。

新井監督は、まだ開幕投手を公言していないようだが、最有力候補であることは間違いない。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

堂林翔太、史上初の『4割打者』へ!突然、今季ブレイクした理由は?

堂林翔太、史上初の『4割打者』へ!突然、今季ブレイクした理由は?

広島の堂林翔太内野手(28)が話題をさらっている。7月27日現在、打率3割8分9厘。史上初の4割打者に向けて邁進中だ。 “名前は聞き覚えあるけど、どんな選手だったっけ?”と首を傾げている方に少し説明し …

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

チーム最年長が今季、代打の切り札として随所で勝負強さを発揮する。5月12日の巨人戦(東京ドーム)。1点を追う9回一死二塁の場面で代打コールされた松山竜平は、相手守護神・大勢に対し、土壇場で同点に追いつ …

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

ある意味で、今季のセ・リーグを面白くしてくれているのは、どんな采配をするのかあまり読めない、新井カープではないかと思う。昨季オフ、監督が佐々岡真司から黒田博樹ではなく、新井貴浩へ変わった。いま広島の街 …