カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井、5年ぶりの頂点へ「機動力」「勝利の方程式」の2大課題に挑む

2023年2月22日

新井、5年ぶりの頂点へ「機動力」「勝利の方程式」の2大課題に挑む

チーム再建に向けて、新井貴浩監督が一貫して掲げるのは『カープ伝統の復活』。「猛練習」「育てて勝つ」、もう一つは「走り回る野球」だ。昨季は12球団最少で球団ワーストの26盗塁。指揮官は「足が速い・遅い、盗塁ができる・できないではなく、全体的に走塁への意識を高めていく」と機動力野球の復活に力を込めた。

日南キャンプでは、序盤から走塁改革に本格着手した。第2クールから始まったシート打撃では、大半を走者一塁の状況で実施。積極的にスタートを切る意識をチーム全体に植え付ける取り組みの一環だ。

「(現段階で)結果は関係ない。失敗してもいいから、どんどんトライしていこう」と指揮官。野間をはじめレギュラークラスの中にも脚力のある選手はいる。昨季、チーム打率.257はリーグトップ。好打者は多いからこそ、機動力が備われば得点力は大幅にアップするはずだ。

4年連続でBクラスに沈むチームの課題は多い。絶対的守護神・栗林良吏へとつなぐ中継ぎ陣の整備も欠かせない。昨年12月に現役ドラフトで巨人から戸根千明が加入。松田元オーナーも「キーパーソンになるんじゃないか」と大きな期待を寄せている。

昨季は7、8回を固定できなかったことも大きな敗因となったが、矢崎拓也が存在感を放った。森浦大輔、松本竜也の成長も期待。新井監督はキャンプで連日、ブルペンで打者目線から投手陣にアドバイスを送る。一番競争して欲しいポジションは「中継ぎ」と言うほど重要なポイント。『機動力』と『勝利の方程式の構築』という課題をクリアしてこそ、5年ぶりリーグ優勝への道が見えてくる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

小園が抱えていた重圧と今の想い…「存在感が全くない」からの逆襲劇

小園が抱えていた重圧と今の想い…「存在感が全くない」からの逆襲劇

熾烈な上位争いが繰り広げられているセ・リーグのペナントレースだが、2016年からリーグ3連覇を果たした広島は首位から大きく離され、最下位に沈んでいる。開幕から打線を固定できず、日替わり打線が続くなか、 …

落合博満が「プロで唯一の精神的な天敵」と苦手意識を口にした投手!

落合博満が「プロで唯一の精神的な天敵」と苦手意識を口にした投手!

巨人、阪神に強かったのも魅力 史上初の三冠王を3度獲得した落合博満が「プロで唯一の精神的な天敵」と苦手意識を口にした投手がいた。広島、巨人でプレーした通算139勝左腕・川口和久だ。 川口和久コラム「オ …

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。頂点を目指す12球団それぞれの浮沈を左右するキーポイントとは一体どこなのか。注目選手も含め、球団ごとに見ていこう。 【2020年成績】 勝敗:52勝56敗12分 …