カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也の負傷に激震…それでもダルビッシュ有が「ホッとした」理由は?

2023年2月26日

誠也の負傷に激震…それでもダルビッシュ有が「ホッとした」理由は?

侍ジャパンのチーム編成に影響しうる一報が列島を駆け巡った。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバーだった鈴木誠也(シカゴ・カブス)が、現地2月25日に行なわれるサンフランシスコ・ジャイアンツとのオープン戦前の練習中に、左脇腹の張りを訴えて出場を見送ったのである。

この一戦で「4番・ライト」でスタメン予定だった鈴木。しかし、試合前の練習中にフリー打撃を急遽取りやめ。大事を取ってクラブハウスを後にしたという。

今春の調整は順調と見られていた鈴木だけに、怪我による離脱は侍ジャパンにとっても小さくない痛手だ。地元紙『Chicago Sun Times』は「重症度と回復具合は不透明だが、最低でも1週間は様子を見る必要がある」と指摘しており、状況次第では大会欠場の可能性もある。

チーム編成において栗山英樹監督は「(日本は)とくに左打者が多いから、右打者がどうしても必要」と訴えているだけに、合流が遅れる可能性が高まった鈴木の状況は懸念材料だろう。

そうしたなかで、怪我を余儀なくされた鈴木を慮ったのが、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)だった。26日にライブBPを終えた36歳のチーム最年長右腕は「スプリングトレーニングはそういうことが多々ある」としたうえで、こう続けた。

「とにかくシーズンが一番大事な役割だと思う。シーズンには間に合うような感じだったので、そういう意味ではホッとしました」

かねてから「楽しむ」とWBC参戦の意味を語ってきたダルビッシュだけに、今回も自身の考えを貫いたと言えよう。

とにかく長丁場のレギュラーシーズンを考えれば、勝負のメジャー2年目に挑む鈴木も無理は禁物だ。それだけに侍ジャパンの首脳陣は、代替選手のピックアップなど新たなプランを模索する必要がありそうだ。(羽澄凜太郎)

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

プロ野球が来年変わる?二軍戦『新規参入球団』は9月中には内定へ!

プロ野球が来年変わる?二軍戦『新規参入球団』は9月中には内定へ!

日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団による理事会と実行委員会が8月7日に行われ、来季から二軍戦のみに参加する新規球団の審査を9月中に終了する日程を確認した。新規参入球団は当初は11月末までに承認す …

マエケン『画伯』、イラストTシャツ収益を地震被災の石川県に寄付!

マエケン『画伯』、イラストTシャツ収益を地震被災の石川県に寄付!

今季から大リーグ・タイガースに移籍する前田健太投手(35)が12日、インスタグラムを更新。テレビのバラエティー番組で「絵心のない」として知られる自作イラストのTシャツなどを販売するオンラインストアの売 …

プロ野球「鳴り物消滅」…むしろ歓迎?「MLBの球場観戦みたいに」

プロ野球「鳴り物消滅」…むしろ歓迎?「MLBの球場観戦みたいに」

新型コロナウィルスの感染拡大が懸念される中、日本野球機構(NPB)の12球団代表者会議が開かれ、両リーグの公式戦開幕日について4月24日の開催を目指すことが決まったのは2020年3月23日。さらに翌2 …