カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中、崖っぷちからでもチーム引っ張る/レギュラー争いダークホース

2023年3月9日

田中、崖っぷちからでもチーム引っ張る/レギュラー争いダークホース

オープン戦2試合目となった2月26日の中日戦(北谷)。田中広輔は3回、先頭で鮮やかに右前に運ぶと、第2打席(4回)では痛烈な打球で右翼線に運ぶ適時二塁打。第3打席(5回)の凡退も一塁線への強い打球だった。「積極的にとことん攻めていこうと。そこに関しては良かった」。2安打2打点という結果に、静かにうなずいた。

2016~18年のリーグ3連覇を支えたリードオフマンが、レギュラーの座を手放して久しい。昨季はキャリア最少41試合で、放ったのはわずか8安打。キャンプ中、食事に出掛けた秋山翔吾の言葉に背中を押された。「秋山さんは僕のいいときを周りから見ている。引っ張れる、そこが僕の長所、と。とことん打ってやろうと」。その思い、取り組みが中日戦の3打席に表れていた。

本職の遊撃には小園海斗がいるが、地位が確立されているわけではない。三塁の有力候補の新外国人・デビッドソンも未知数だ。「隙あらばという思いは、もちろんある。内野陣を引っ張っていけるように。先頭に立てるように、もう一回きちんとやりたい」。33歳、まだ老け込むには早い。虎視眈々と、定位置奪取を狙う。

2月25日の巨人戦(那覇)では、公式戦で1試合も経験がない一塁守備にも就いた。自身の置かれた立場は当然、理解している。「僕の野球人生でいい経験。ただ、何くそ、という思いは持ちながら今後に生かしたい」。リーグ優勝の歓喜を味わったメンバーの力は貴重。オフには、球団史上最大1億2000万円ダウンの年俸3000万円で契約を更改した(金額は推定)。崖っぷちから、意地を見せる。(写真=牛島寿人)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

川口お勧めの2020年版カープ最強打線はこれだ?/川口和久コラム

川口お勧めの2020年版カープ最強打線はこれだ?/川口和久コラム

長野は七番が最強 セ・リーグは巨人優勝。カープは4連覇に届かなかった。 カープが優勝から遠ざかっていた時代、いまくらいの時期に広島の飲み屋に行くと、よくこんな会話があったのを思い出した。「俺が監督だっ …

堂林翔太が『四番』を経験し、まだまだ飛躍する/復活を遂げた男たち

堂林翔太が『四番』を経験し、まだまだ飛躍する/復活を遂げた男たち

今季のチームで、プロ10年以上のキャリアにして初めて四番に座った選手が3人いる。その一人が14年目、32歳を迎えた堂林翔太だ。 上本崇司、菊池涼介の2人は、西川龍馬が故障離脱した際の緊急措置として四番 …

カープ第3捕手の登録抹消に憶測「トレード放出」「FA権の封じ手」

カープ第3捕手の登録抹消に憶測「トレード放出」「FA権の封じ手」

トレード終了まで、2週間を切った。その動向で大きな注目を集めているのは、新井カープだった。第3捕手・磯村嘉孝(30)である。 「磯村は7月10日に一軍登録を抹消されました。チーム内での立ち位置は『正捕 …