カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大谷も吠えた劇的すぎるサヨナラ打!不振を極めた村上の『起死回生』

2023年3月21日

大谷も吠えた劇的すぎるサヨナラ打!不振を極めた村上の『起死回生』

「野球は2アウトから――」とはよく言ったものだが、まさに起死回生のヒットは土壇場の局面から飛び出した。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は現地3月20日(日本時間21日)、準決勝の日本代表対メキシコ代表が米マイアミにあるローンデポ・パークで開催。後者が4回表にルイス・ウリアス(ミルウォーキー・ブリュワーズ)の3ランアーチで先行していたなかで迎えた終盤、7回裏に侍ジャパンは主砲のバットが火を噴いた。

7回裏に2死から近藤健介(ソフトバンク)のヒットと大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の四球で一、二塁の好機を創出。ここで打席に立ったのは、吉田正尚(ボストン・レッドソックス)だった。

対峙した左腕ジョジョ・ロメロからカウント2-2と追い込まれた吉田だったが、打席内のスラッガーは冷静だった。インローに食い込んでくる138キロの2シームを捉えると、打球はライトスタンドへ一直線。最後はポール際に着弾した。

本人が「お待たせしました」と語った土壇場で飛び出した一打に米メディアも興奮。レッドソックスを熱心に追う『Barstool Sports』のジャレッド・カラビス記者は「ヨシダの特大同点3ランだ! いや、マジか!」とレポートした。

もっとも、試合はそのまま推移はしなかった。直後の8回表には、レッドソックスで吉田の同僚であるアレックス・ベルドゥーゴの勝ち越しタイムリーツーベースでメキシコが逆転。さらにアイザック・パレデスのタイムリーでもう1点を加点した。

2点差とされた侍ジャパン。だが、そのままでは終わらない。8回裏にヘスス・クルスを攻め立てて、1死二、三塁の絶好機を創出すると、代打の山川穂高(西武)が犠牲フライを記録。

さらに4対5として迎えた9回裏には、相手守護神ジオバニー・ガジェゴス(セントルイス・カーディナルス)から先頭打者の大谷が二塁打を放ち、無死二塁のチャンスを生み出すと、ここまで4打数ノーヒット、3三振だった村上宗隆が値千金のサヨナラタイムリーを放ったのである。

カラビス記者がふたたび「マジか!野球って最高だ」と漏らした文字通りの死闘のなかで生み出された日本のドラマチックな展開で、14年ぶりファイナルに辿り着いた。やはり野球は面白い。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

マエケンの『2勝目』復活アピールで起きた「FAで巨人移籍」騒動!

マエケンの『2勝目』復活アピールで起きた「FAで巨人移籍」騒動!

ツインズの前田健太が7月5日(日本時間)、ロイヤルズ戦で先発し、7回を被安打3、失点2(自責点1)の好投で、今季2勝目を飾った。トミー・ジョン手術から復帰後、最長の7回を投げ完全復活を印象づけた。 前 …

「可愛すぎ」マエケンが公開した愛息の『微笑ましいノック姿』が話題

「可愛すぎ」マエケンが公開した愛息の『微笑ましいノック姿』が話題

4月24日、メジャーリーグ、ミネソタ・ツインズ所属の前田健太が、自身のインスタグラムを更新。1歳の長男の“微笑ましいノック”姿を投稿し、話題を呼んでいる。 前田は「息子の自宅トレーニング。笑」と一言綴 …

活躍できない助っ人が多い理由「外国人選手のレベルは下がっている」

活躍できない助っ人が多い理由「外国人選手のレベルは下がっている」

【日本の投手の質の向上】 ――昔に比べて、日本で活躍する外国人野手が少なくなった印象があります。 高木豊(以下:高木) 理由として考えられるのは、日本人のピッチャーの質が著しく向上しているということ。 …

Archives by Month

新着記事