カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

サヨナラの口火切った大谷の『ヘルメット投げ』に元巨人投手も興奮!

2023年3月21日

サヨナラの口火切った大谷の『ヘルメット投げ』に元巨人投手も興奮!

日本が誇る”異才”が、14年ぶりの決勝進出の呼び水となった。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝、日本代表対メキシコ代表が米マイアミにあるローンデポ・パークで行なわれ、日本が9回に村上宗隆がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。スター軍団・アメリカ代表が待つ決勝に駒を進めた。

日本が4対5と1点をリードされて迎えた9回。メキシコは守護神ジョバニー・ガイェゴスがマウンドに立ち、逃げ切りを図った。

対する日本の先頭打者は大谷翔平が入った。すると、初球をいきなり右中間へ弾き返すすと、大谷はヘルメットを自ら脱ぎ捨て二塁へ全力疾走。塁上で、大谷は日本ベンチに向かって両手を突き挙げて叫び、逆転への口火を切った。

大谷の好走塁で勢いに乗った日本は、続く吉田正尚が四球を選び無死一、二塁にすると、ここまでチャンスで一打が出なかった若き主砲・村上が3球目のストレートを振り抜き、打球はセンターの頭上を越すフェンス直撃のタイムリー二塁打となり、劇的なサヨナラ勝ちにつながった。

試合を中継した「TBS」で解説を務めていた槙原寛己氏は、逆転のきっかけとなった大谷の走塁について「大谷があんなにヘルメットを飛ばして走る姿なんて見たことない」と興奮していた。

大谷が二塁上で日本ベンチに向かって煽るようなジェスチャーには「ベンチに大アピールですね」と大谷の気迫に圧倒されたが、「嬉しいですよね。こんなに全力で」と喜んだ。同じく解説を務めていた佐々木主浩氏も「すごい集中力」と感嘆していた。

大谷の鬼気迫る走塁でサヨナラ勝ちにつなげた侍ジャパン。3大会ぶりの世界一奪還へ、いよいよあと1つだ。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

ネットは『称賛嵐』も…11点差でブルペン温存のため野手を投手起用

ネットは『称賛嵐』も…11点差でブルペン温存のため野手を投手起用

甲子園で6日に行われた阪神―巨人戦で仰天の“原采配“があった。8回に5番手の堀岡隼人(21)が炎上して7失点、11点差をつけられると原監督はブルペンに残っていた4投手を温存し、野手の増田大輝(27)を …

オールスターの試合前、牧が坂倉に直撃!ある選手の『素顔』を暴露?

オールスターの試合前、牧が坂倉に直撃!ある選手の『素顔』を暴露?

◇プロ野球マイナビオールスターゲーム2022(27日、松山・坊っちゃんスタジアム) DeNAの公式Twitterは、オールスターの試合前にDeNA・牧秀悟選手が広島・坂倉将吾選手をインタビューしている …

WBC侍ジャパンのクローザー候補、松井・栗林・大勢をデータ比較!

WBC侍ジャパンのクローザー候補、松井・栗林・大勢をデータ比較!

固定するのか、使い分けるのか 第5回ワールドベースボールクラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」でクローザーを務める投手は誰になるだろうか。 チームで実績があるのは通算197セーブの松井裕 …