カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

サヨナラの口火切った大谷の『ヘルメット投げ』に元巨人投手も興奮!

2023年3月21日

サヨナラの口火切った大谷の『ヘルメット投げ』に元巨人投手も興奮!

日本が誇る”異才”が、14年ぶりの決勝進出の呼び水となった。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝、日本代表対メキシコ代表が米マイアミにあるローンデポ・パークで行なわれ、日本が9回に村上宗隆がタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。スター軍団・アメリカ代表が待つ決勝に駒を進めた。

日本が4対5と1点をリードされて迎えた9回。メキシコは守護神ジョバニー・ガイェゴスがマウンドに立ち、逃げ切りを図った。

対する日本の先頭打者は大谷翔平が入った。すると、初球をいきなり右中間へ弾き返すすと、大谷はヘルメットを自ら脱ぎ捨て二塁へ全力疾走。塁上で、大谷は日本ベンチに向かって両手を突き挙げて叫び、逆転への口火を切った。

大谷の好走塁で勢いに乗った日本は、続く吉田正尚が四球を選び無死一、二塁にすると、ここまでチャンスで一打が出なかった若き主砲・村上が3球目のストレートを振り抜き、打球はセンターの頭上を越すフェンス直撃のタイムリー二塁打となり、劇的なサヨナラ勝ちにつながった。

試合を中継した「TBS」で解説を務めていた槙原寛己氏は、逆転のきっかけとなった大谷の走塁について「大谷があんなにヘルメットを飛ばして走る姿なんて見たことない」と興奮していた。

大谷が二塁上で日本ベンチに向かって煽るようなジェスチャーには「ベンチに大アピールですね」と大谷の気迫に圧倒されたが、「嬉しいですよね。こんなに全力で」と喜んだ。同じく解説を務めていた佐々木主浩氏も「すごい集中力」と感嘆していた。

大谷の鬼気迫る走塁でサヨナラ勝ちにつなげた侍ジャパン。3大会ぶりの世界一奪還へ、いよいよあと1つだ。

(※引用元 THE DIGEST

関連記事

侍ジャパン栗山監督を最後まで悩ませる「ボーダーライン」の選手の名

侍ジャパン栗山監督を最後まで悩ませる「ボーダーライン」の選手の名

巨人の原辰徳監督(64)が悩める盟友の姿を明かした。10日、客員教授を務める国際武道大学で対面形式では3年ぶりとなる、特別講義を行った原監督は学生相手に熱弁をくりひろげた。 また3月に開催を控える第5 …

里崎氏、2022年最も印象に残ったのはオリックス『劇的スクイズ』

里崎氏、2022年最も印象に残ったのはオリックス『劇的スクイズ』

2022年シーズンも様々なプレーが話題となったパ・リーグ。最も印象に残ったシーンについて、野球解説者の里崎智也氏は、リーグ優勝への望みをつないだオリックス・バファローズの“劇的サヨナラセーフティスクイ …

秋山争奪戦のダークホース…広島球団が不気味さ増す「あの理由」とは

秋山争奪戦のダークホース…広島球団が不気味さ増す「あの理由」とは

日本球界復帰を決めた秋山翔吾外野手(34)の争奪戦がし烈に繰り広げられている。 ソフトバンクは23日、パドレス傘下3Aエルパソを退団した秋山と都内で入団交渉を行った。約2時間の交渉の中では、熱烈に秋山 …