カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

オープン戦最下位チームのシーズン成績…カープは、優勝かBクラス?

2023年3月28日

オープン戦最下位チームのシーズン成績…カープは、優勝かBクラス?

2001年以降、オープン戦、シーズンとも最下位は11回

2023年のプロ野球開幕が迫ってきた。オープン戦は全日程を終了し、オリックスが9勝4敗3分けで1位。逆に12球団最下位は4勝9敗3分けの広島だった。

新井貴浩監督が就任した広島は、16試合通算で12球団中10位の48得点、同8位の61失点。チーム打率は同8位の.233、防御率も同8位の3.35、失策数は9位タイの14個だった。

オープン戦とはいえ、最下位に沈むのは喜ばしいことではない。過去のオープン戦最下位チームの成績を振り返っても、シーズンでも苦戦しているチームが多い。2001年以降のオープン戦最下位チームの成績は以下の通りとなっている。

オープン戦最下位からシーズンでも最下位に沈んだのは、22年間で11回もある。さらに5位が3回、4位が5回でBクラスは19回。同率最下位もあるため、のべ26チームの割合で言えばBクラス率73%、最下位率42%と高い。やはりオープン戦で最下位になるのはそれなりの理由があり、シーズンでも苦戦しているようだ。

優勝6回、V率23%

ただ、明るい材料もある。2022年のヤクルトも含め、優勝が6回もあるのだ。優勝確率は23%と高い。3位は1回のみ、2位は一度もないことから「オープン戦最下位チームは優勝かBクラス」との傾向が出ている。

昨季は規定打席に到達した3割打者はいなかったが、チーム打率.257はリーグトップ、552得点はリーグ2位だった。5年目を迎える小園海斗や日本球界復帰2年目の秋山翔吾、2022年に16本塁打の坂倉将吾、同17本塁打のマクブルームらが本来の力を発揮すれば、オープン戦のように少ないチーム総得点に終わることはないはずだ。

WBCを途中離脱した栗林良吏の状態は心配だが、昨季10勝の森下暢仁、5年連続開幕投手を務める大瀬良大地、2021年最多勝の九里亜蓮、多彩な変化球を操る左腕・床田寛樹ら先発陣は粒揃い。復活を狙う通算79勝の野村祐輔、伸び盛りの23歳・遠藤淳志らもいる。

2016年から3連覇を果たした後、4年連続Bクラスに低迷している広島。郷土のヒーロー、新井新監督はチームを甦らせるか、それとも…。

(※引用元 SPAIA

関連記事

広島カープ・栗林良吏の初勝利に思う、ストッパーの起用法とその課題

広島カープ・栗林良吏の初勝利に思う、ストッパーの起用法とその課題

6月6日の対北海道日本ハム・ファイターズ戦、1点リードを許した7回に登板した広島カープの栗林良吏はその回を無失点でおさえ8回には味方が逆転、3年目にしてプロ入り初勝利をあげた。 クローザーの「勝ち星」 …

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人は「揺さぶり」をかけていた

FA人的補償の真相!カープは事前に巨人へ「揺さぶり」をかけていた

フリーエージェント補強の代償で、原巨人は内海哲也、長野久義といった主軸の生え抜きを喪失した。両ベテランとも他球団のドラフト指名を蹴って巨人入りした経緯もあるだけに、ファンの衝撃はまだ続いている。 「内 …

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

カープ寮に父と入居、安仁屋宗八が振り返る「沖縄の星」としての歩み

令和のいま、あえて個性豊かな「昭和プロ野球人」の過去のインタビュー素材を発掘し、その真髄に迫るシリーズ。14人目は、沖縄出身者として初めてプロ野球選手となり、通算119勝、防御率タイトルも獲得するなど …