カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

16点も取ったのに試合に敗れた…『超打撃戦』で何が起こったのか?

2023年5月28日

16点も取ったのに試合に敗れた…『超打撃戦』で何が起こったのか?

“1点差試合”ではNPB史上最大

「野球の試合で一番面白いスコアは8対7だ」と評したのは、米国32代大統領、フランクリン・ルーズベルトである。この伝でいけば、8対7の2倍のスコアなら、面白さも倍になるとも言えるが、そんなラグビー並みのビッグスコアは、プロの試合では、滅多にお目にかかれない。

だが、時には常識であり得ないことが起きてしまうのも、筋書きのないドラマならではの醍醐味。今からちょうど30年前の1993年5月19日、ヤクルト、広島の両チームによって、1点差試合ではNPB史上最大となる17対16の“スーパー打撃戦”が神宮の杜で演じられた。(久保田龍雄)

山本浩二監督率いる広島はこの年、開幕6連勝とロケットスタートに成功し、5月19日の試合前の時点で16勝12敗、2位・阪神に1ゲーム差ながら首位をキープしていた。

一方、前年、就任3年目の野村克也監督の下、14年ぶりのリーグ優勝を達成したヤクルトは、開幕から2勝7敗と大きく出遅れたが、前日の広島戦の勝利でようやく15勝15敗の勝率5割(巨人と同率の4位)まで漕ぎつけ、さらなる浮上を狙っていた。

先手を取ったのはヤクルトだった。前日14得点を記録した打線は、この日も初回に広島のルーキー右腕・鈴木健から2安打と四球で満塁とたたみかけ、ハウエルの犠飛と池山隆寛の二塁打で2点を先制する。

1番から強打者がズラリと並ぶ広島も負けていない。2回にブラウンのソロで1点を返すと、3回にも野村謙二郎、江藤智のソロ2発で逆転し、先発・荒木大輔をKO。代わった金沢次男にも小早川毅彦が中越え2ランを浴びせ、5対2とリードを広げた。

“ブンブン丸”池山は1イニング7打点の快挙

ところがその裏、ヤクルトも「倍返しだ!」とばかりに気迫の猛攻を見せる。安打と2四球で無死満塁とし、前夜も4号ソロを放った池山の左翼席上段への満塁弾で6対5と一気に逆転した。

思わずガッツポーズが飛び出した池山は「最高の当たりだった。手応えも十分」と会心の笑顔を見せた。

さらに四死球などで再び無死満塁とし、城友博の二塁打で8対5。2死後、広沢克己の遊ゴロが、1時間以上も守り、リリーフ陣の四死球連発でリズムが狂った野手のエラーを誘い、もう2点を追加する。

そして、2死一、二塁から、この回2打席目の池山が左越えに1イニング2発の3ランを放ち、13対5。自身初の2打席連続弾、セ・リーグ史上初の1イニング7打点の快挙に、“ブンブン丸”は「一体どうなってんの? 今日は最高の1日になりそうだよ」と喜びを爆発させた。

これで勝負あった。誰もがそう思ったが、野球はどこでどうなるか本当にわからない。ここから試合は球史に残る“伝説のスーパー打撃戦”へともつれ込んでいく。

打者10人の猛攻で振り出しに

4回に2点を返した広島は、5、6、7回にも1点ずつ小刻みに加点し、7回を終わって10対16。6点リードはあっても、1イニングもゼロで抑えられないヤクルトにとっては、嫌な流れであり、逆に広島は「まだイケる」と勢いづいた。

そして8回、溜まっていたマグマが噴き出すように爆発したカープ打線は、高津臣吾、山田勉の両リリーフに7安打を浴びせ、打者10人の猛攻で6得点。あっという間に試合を振り出しに戻した。

だが、8回まで両チーム合わせて36安打32得点という史上最大級のノーガードの打ち合いは、ここから嘘のように鳴りを潜めてしまう。

9回からは一転して広島・佐々岡真司、ヤクルト・山田、西村龍次の投手戦となり、延長13回までスコアボードに10個のゼロが仲良く並ぶ。

「前半はピッチャーが(大量失点して)迷惑をかけた。僕自身(不調で先発ローテから外れ)借りがありましたから。今日は何とかしたかった」(佐々岡)。

時計の針が午前0時を回りかけ、引き分けムード(当時は15回引き分け制)も漂いはじめた14回表、広島は2死から走者を三塁まで進めたが、得点ならず。

その裏、ヤクルトも1死から広沢の四球をきっかけに暴投と2四球で2死満塁のチャンスをつくる。

5時間46分の死闘に終止符

次打者は、ミミズを食べるパフォーマンスで知られた8番・ハドラー。悪球打ちも目につき、チャンスには期待できないイメージがあったが、“意外性の男”は佐々岡の初球をゴロで中前に抜ける「メジャーでも経験したことがない」サヨナラタイムリーを放ち、5時間46分の死闘に終止符を打った。この結果、ヤクルトは、シーズン初の貯金「1」を実現し、同率首位の広島、阪神に1ゲーム差の3位に浮上した。

一人で8打点を挙げ、本来ならヒーローになってもおかしくないのに、結果的に一番おいしいところをハドラーにさらわれた池山は、3回の1イニング2本塁打を「まるで昨日のことのような……」と振り返ったが、すでに日付が変わっており、本当に昨日の出来事になっていた。

百戦錬磨の野村監督も「こんな試合、記憶にないわい。打ちも打ったり、打たれも打たれたり。今年を象徴する試合やった」とボヤキまじりに評したが、その後、5月23日に早くも首位を奪取したヤクルトは、終わってみれば2年連続のリーグ優勝と監督として初の日本一を達成。くしくも“最良のシーズン”につなげる分岐点とも言うべきビッグゲームになった。

一方、16点も取りながら、勝利を逃した広島・山本監督はやや目を赤くしながら「ま、ええやろ。佐々岡はよう投げたね」と言うのが精一杯。同年は夏場以降失速して最下位に沈み、シーズン後に辞任した。

130何試合の中のたった1試合ではあるが、結果的に勝者が栄冠を手にし、敗者がすべてを失うことになったのは、けっして偶然とは思えない。その意味でも、紛れもなく伝説の試合だった。

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

3位戦線を制するのは…「最も有利なチーム」を高木豊が大胆『指名』

3位戦線を制するのは…「最も有利なチーム」を高木豊が大胆『指名』

セ・リーグの3位争いが混沌としている。巨人、阪神、広島…順位がめまぐるしく入れ替わる展開に、ようやく投打がかみ合い出し、ゲーム数を最も残している巨人有利の予想も聞くのだが…。 野球解説者・高木豊氏の分 …

経験者が明かす「優勝チームがCSまでに試合勘が鈍る」という状態

経験者が明かす「優勝チームがCSまでに試合勘が鈍る」という状態

《今シーズン、セ・リーグを制した広島、パ・リーグを制したソフトバンクの強さは、他のチームと比べて頭ひとつ抜け出している印象を受けるほど圧倒的なものだった。しかし、だからといってクライマックスシリーズ( …

達川氏がプロ野球・順位予想「パはソフトバンク、セはカープが優勝」

達川氏がプロ野球・順位予想「パはソフトバンク、セはカープが優勝」

プロ野球は29日、セ・パ両リーグが開幕する。前ソフトバンクヘッドコーチで、かつて広島監督などを歴任した評論家の達川光男氏(63)にペナントレースの行方を聞いた。パはソフトバンク、セはリーグ4連覇を目指 …