カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

3年連続で最下位…新井カープは「鬼門の交流戦」を乗り越えられるか

2023年5月29日

3年連続で最下位…新井カープは「鬼門の交流戦」を乗り越えられるか

2023年5月30日から始まる交流戦では、順位が大幅に入れ替わる可能性がある。

過去にも快進撃で息を吹き返した球団があれば、大失速でペナントレース再開後も勢いを失ったまま下位に低迷した球団があった。新井貴浩新監督の下、ここまで貯金2と上々の結果を残している広島は交流戦が鬼門となっている。ペナントレースの行方を占う大事な戦いになりそうだ。

「交流戦を苦手にしているのが不思議なぐらい」

広島は昨年、交流戦前に25勝19敗の好成績で首位争いを繰り広げていたが、交流戦で5勝13敗と大失速した。交流戦終了後も連勝、連敗の波が激しい戦いで落ち着かない。借金8でCS圏内から外れ、4年連続Bクラスに終わった。

コロナ禍で交流戦が中止となった20年をのぞき、広島は19、21、22年と3年連続で交流戦最下位に低迷している。交流戦での3年連続最下位は、2008~10年の横浜と並ぶ不名誉記録だ。

スポーツ紙記者は、「個々の能力で言えば、広島はパリーグの球団に決して見劣りしない。交流戦を苦手にしているのが不思議なぐらいです。ただ、近年の戦いぶりを見ると中継ぎ陣が打ち込まれて敗れるパターンが目立つ。1点を争う試合展開でリリーバーが踏ん張れるかがカギを握ると思います」と分析する。

明るいニュースは守護神・栗林良吏の復帰だ。今年は春先から痛打を浴びる登板が続き、右内転筋筋挫傷で5月1日に登録抹消された。リハビリ、実戦登板を経てコンディションを整えて交流戦から戻ってくる。ターリ―、島内颯太郎、矢崎拓也、戸根千明、森浦大輔がセットアッパーとして稼働すれば、十分に戦えるだろう。

今年こそ、鬼門の交流戦を乗り越えられるか。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …

首位・阪神に接近、混セの主役は新井カープか?快進撃が続く「理由」

首位・阪神に接近、混セの主役は新井カープか?快進撃が続く「理由」

今季が就任1年目の新井貴浩監督率いる広島が好調を維持している。広島は6日に行われた阪神戦(マツダ)に4-0と勝利。一発攻勢と投打がかみあい、カード勝ち越しを決めた。順位は3位と変わらずも首位・阪神に2 …

誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?【タイトルホルダー予想】

誠也の三冠王に立ちはだかる大きな壁とは?【タイトルホルダー予想】

ついに6月19日、2020年のプロ野球が開幕する。120試合の短縮シーズンとなる今年は、例年以上に激しいタイトル争いが予想されるが、果たして栄光をつかみ取るのは誰なのか。本命・対抗・大穴の3つに分けて …