カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

2023年7月9日

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

プロ野球・広島カープの九里亜蓮投手が7月5日、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。

九里はスポーツ紙の取材に対し、

「実感はあまりない。向こう(メジャー)の野球に興味はある。そこまでのレベルに達せればって気持ちはある」

とコメントし、メジャーへの憧れを口にしている。

2013年のドラフト2位指名で広島入りした九里は、17年に頭角を現し9勝を挙げると、その後も3年連続で8勝、21年には初の二桁となる13勝を記録。プロ10年目になる今季はここまで13試合に先発し、6勝3敗、防御率1.76で、文字通りチームの大黒柱になっている。

ただ、メジャー挑戦については厳しい指摘もある。

スポーツライターが語る。

「九里は過去、かつてのカープのエースでメジャーでも活躍した黒田博樹氏のピッチングが理想とコメントしており『そこに近づけるように頑張っていきたい』と熱っぽく語っています。実際、ベースを広く使うスタイルは黒田氏を思い起こさせますが、9年間で二桁を挙げたのはたった1度だけ(黒田氏は渡米前の11年間で二桁勝利6度)。現状ではメジャーで通用するかはまったくの未知数です。彼は21年オフに3年契約を結び、今季は2年目。スカウトもしばらく様子見といったところのようです」

広島ファンにとっては、1984年以来の日本一が実現するまで地元で活躍して欲しい気持でいっぱいだろう。(ケン高田)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

Bクラスなんて誰が言った?広島カープが好スタートを切った『理由』

Bクラスなんて誰が言った?広島カープが好スタートを切った『理由』

かみ合う投打 巨人と阪神の争い――。開幕前はそんな予想が多かったセ・リーグにあって、その両チームに負けじと好スタートを見せているのが広島だ。9試合を終えて5勝3敗1分け。その好調の理由とは(数字はすべ …

なぜ立浪監督は新井監督のようになれないのか?「決定的な違い」とは

なぜ立浪監督は新井監督のようになれないのか?「決定的な違い」とは

最下位に低迷している中日。就任2年目を迎えた立浪和義監督の手腕に、懐疑的な見方が高まっている。 8月26日のDeNA戦では、今季初登板の左腕・近藤廉が9回にプロ3試合目の一軍マウンドに上がったが、8安 …

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

人生『初』の「無観客」で発見したこと/広島カープ実況アナウンサー

試合直前にキャリア28年の音声マンがつぶやいた。「今、球場の外に子供さんがいませんか?」。聞けば、無観客のオープン戦、いつもの歓声がないスタジアムでは、集音マイクが球場外で遊ぶ子供の声を拾っていたのだ …