カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野「1試合でも多く、野球の面白さを!」、巻き返しへ最年長の意地

2022年3月10日

長野「1試合でも多く、野球の面白さを!」、巻き返しへ最年長の意地

プロ13年目の長野久義が巻き返しを誓う。昨季はプロ入り後最少の71試合出場にとどまった。打率.216、2本塁打、13打点はいずれも自己ワーストの成績。オフには4500万円減の1億2000万円で契約を更改した(金額は推定)。

「試合に出ないと面白くないし、勝たないと面白くない」。悔しい12年目を終え、引き締まった表情だった。

2006年の日大4年時、08年のホンダ2年目と2度受けたドラフト指名をいずれも拒否し、10年にドラフト1位で巨人に入団。19年1月には巨人へFA移籍した丸佳浩の人的補償として広島に移籍した。

広島入団当時は「(チームを)引っ張るのは無理なので、みんなについていけるように」と謙虚に意気込みを口にしていたが、気付けばチーム最年長。いやが応にも鯉ナインをけん引する立場となった。

ルーキーとともにノックを受けているときには積極的に声掛けする姿が目立つ。周囲から「長(ちょう)さん、長さん」と親しまれている様子からも、その頼れる人柄が感じ取れる。

オフには奄美大島で西武・内海哲也らと自主トレを敢行。「下半身をしっかりつくり直して、春先からいい状態でシーズンに臨めるように」。春季キャンプは実績を考慮され、二軍でマイペース調整を許された。

キャンプインを前に新型コロナに感染するアクシデントもあったが、2月11日には合流。シーズンに向けて、根底にあるのは「1試合でも多く試合に出たい」という思いだ。

11年には首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得した巧打者。「やっぱり(昨季は)個人的な成績も申し訳なかった」。37歳、まだまだやり足りない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

チーム最年長が今季、代打の切り札として随所で勝負強さを発揮する。5月12日の巨人戦(東京ドーム)。1点を追う9回一死二塁の場面で代打コールされた松山竜平は、相手守護神・大勢に対し、土壇場で同点に追いつ …

黄金時代を知る男・川口氏「優勝を知る河田ヘッドの人間力・野球眼」

黄金時代を知る男・川口氏「優勝を知る河田ヘッドの人間力・野球眼」

愛する古巣の苦しい戦いが続く。このコラムを書きながら、横目では西川龍馬の芸術的なタイムリーで引き分けに持ち込んだが、借金4、セ・リーグ4位は変わらない。(16日現在)。まもなく開幕から2ヵ月、ベンチは …

北別府学さん、チームメイトが明かす…スター内野手との「不仲伝説」

北別府学さん、チームメイトが明かす…スター内野手との「不仲伝説」

長く厳しい“コロナ禍”が明け、街がかつてのにぎわいを取り戻した2023年。侍ジャパンのWBC制覇に胸を高鳴らせつつ、世界が新たな“戦争の時代”に突入したことを実感せざるを得ない一年だった。そんな今年も …