カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

江夏に『強いカープ』復活を誓う!會澤「レギュラーは安泰じゃない」

2020年12月29日

江夏に『強いカープ』復活を誓う!會澤「レギュラーは安泰じゃない」

球団史上初のリーグ3連覇の翌年は4位、今年は5年ぶりの負け越しで5位。カープの低迷が続いている。

カープOBの江夏豊氏は、チームの精神的支柱である會澤翼(あいざわ・つばさ)を「セ・リーグを代表するキャッチャー」と評する。ふたりが語り合った、今季の苦闘の要因と再浮上へのカギとは?

低迷の要因は3連覇の「慢心」

江夏 あなたとこういう形で話すのは初めてだよな。

會澤 そうですね。よろしくお願いします。

江夏 ずっとゲームを見ていて、注目はしとったんだよ。

會澤 ありがとうございます。

江夏 出身は茨城のどこ?

會澤 日立になります。

江夏 日立といったら、もう福島が間近じゃない?

會澤 ええ、北のほうですね。

江夏 高校は水戸短期大学附属。茨城で高校野球といえば、常総学院というイメージがあるけど。

會澤 常総は話がなかったんです、中学時代に。それで水戸短大附属のほうから声をかけていただきました。

江夏 高校通算35本塁打か。これはすべてフェンスを越えたホームラン? 原っぱで打ったんじゃないだろ?

會澤 原っぱじゃないです(笑)。

江夏 それなら大したもんだ。俺だって高校時代、練習試合とかも含めたら100本ぐらい打ってるよ。

會澤 ホントですか?

江夏 4打数4安打で4ホーマーなんてのもあった。

會澤 すごいですね!

江夏 当時はね、投げることよりか打つほうが好きだった。投げるほうはコントロールに自信がなかったからね。

會澤 それは意外でした。

江夏 で、高校からカープに入って、もう何年目になる?

會澤 14年目になります。

江夏 2006年にドラフト3巡目で入団して、1軍の試合に出たのは09年か。

會澤 3年目ですね。

江夏 初めの2年間は肩のケガで出られなかったらしいけど、当時のカープのキャッチャーは強力だった?

會澤 石原(慶幸)さん、倉(義和)さんという先輩がいましたので。

江夏 それでも徐々に出番を増やして、カープが3連覇(16~18年)したときにはあなたが正捕手になった。この3連覇の要因は、緒方(孝市)前監督が1番ショート田中(広輔)、2番セカンド菊池(涼介)、3番センター丸(佳浩)、そしてバッテリーをつくり上げて、センターラインを固めたことだよね。

會澤 そうでしたね。

江夏 それと、リリーフ陣。今村(猛)、(ジェイ・)ジャクソン、中﨑(翔太)の7、8、9回が完璧にハマった。ただ、中﨑は3年目までは年間通して1軍で投げた経験がなくて、実績もほとんどなかった。

緒方監督はそういうピッチャーを15年から抑えに使って、翌年からの3連覇につながっていったわけだけど、そのあたりの判断は、見ていて怖くなかった?

會澤 中﨑はもともと気持ちが強い子だとは思っていたんですけど、すぐに抑えで結果を出せるのはすごいなと思いました。

江夏 すごすぎるよ。実績なしで抑えになったんだから。それでね、その当時と比較するのは寂しいことだと思うけど、昨年は4位、今年は5位とチームの成績が下がった。昨年の終盤に負けが込んだときからカープはおかしくなったような印象があったんだけど、あなた自身、マスク越し、もしくはベンチから見ていてどう感じた?

會澤 やはり、「3連覇したんだ」という慢心が、多少なりともどこかであったのかな、と感じていました。

江夏 自信じゃなしに慢心か。

會澤 昨年に関してはそうでした。どうやって勝ってきたか、その感覚をひとりひとりが取り戻せなかったのかなと。

江夏 でも、3連覇当時のメンバーを見ると、丸は抜けたけど、けっこう残っているよね? 菊池を筆頭に田中、そしてあなたがいて。チームが変わった、という印象はなかったけど。

會澤 ただ、相手チームからのマークが厳しくなったんです。いいピッチャーをどんどんぶつけられている、と感じていましたし。そこでどうしても、調子の波が激しくなってしまったのかなと思います。

江夏 それはあなたがグラウンドで、相手と対峙(たいじ)しているときに肌で感じたこと?

會澤 感じていました。僕自身、バッターボックスに入れば、相手バッテリーが以前とは違った配球をしてきましたし、ピッチャーの球を受けているときも、「あれ? ここ打たれるんだ……」というケースも多くなりましたので。

江夏 そういう面では、ピッチャーを引っ張る立場のあなたは大変だったと思う。

會澤 3連覇のときは、先発陣が6回まで、できれば7回までなんとかゲームをつくろう、そこから後は気にしなくていいんだから、という戦い方ができていました。それこそ7、8、9回が決まってましたので。それが昨年、今年に関しては後ろがしっかりしていなかったので、そこまで考えなくちゃいけない、という難しさがありました。

カープ捕手史上最高のバッティング

江夏 まして、今年はあなた自身、頭に打球を受ける大変なアクシデントもあって、出場が少なかった。で、これはホメるべきなのかどうか、あなたは3年連続でデッドボールが2桁なんだよな。当たりにいってるのか、逃げるのがへたなのか、どっちだ?

會澤 えーと……。

江夏 ふっふっふ(笑)。

會澤 当たりにいこうとは思ってないですけど……。

江夏 痛いもんなあ。

會澤 めちゃめちゃ痛いんですけど、逃げたら打てない、と思っているので。それだけ不器用なんだと思います。

江夏 あなたのバッティングを見ていると、そんな不器用そうなタイプには見えないけどね。右打ちのときも、鋭い打球が遠くに飛ぶだけのスイングをしているんだから。

會澤 ありがとうございます。

江夏 なんといっても、以前はカープの8番、9番はいないも同然だったのが、あなたは7番、6番、うっかりしたらクリーンナップに入るんだからね。あなたの打撃は過去のカープのキャッチャーのなかで、一番いい結果を残してるんじゃない?

會澤 打率はわからないですけど、ホームラン数に関してはそうみたいですね。

江夏 自分がカープにお世話になった頃のキャッチャーの水沼(四郎)、道原(裕幸)、達川(光男)に比べると、あなたの打撃は途轍(とてつ)もなく強力だよ。キャッチャーとしての守りのほうでは、ピッチャーとのコンビネーションはどのへんをポイントにしている?

會澤 コミュニケーションが一番大事だと思うので、なるべく試合中も会話するようにしています。「今日は最初こうだったけど、こうなってきてるね」とか。やっぱり、試合のなかでいろいろなことが変わっていくじゃないですか。いいボール、悪いボールも出てきますし、「いいよ、いいよ」と言うだけではダメな部分があるので。

江夏 今ね、12球団のゲームを見ていて感じるのは、キャッチャーがみんな優しいんだよね。

會澤 そうだと思います。

江夏 キャッチャーがピッチャーを叱る、ということがまずないもん。われわれの時代はけっこう怒られたよ。阪神に入ったときは辻佳紀(よしのり)さん、辻恭彦(やすひこ)さん、和田徹さんと3人の先輩キャッチャーと組んだけど、みんな俺に怒ってきた。

でも、決して憎くて怒るんじゃないんだよね。キャッチャーが怒るということは、絶対にやってはいけないことをやってしまったからであって。そんなときにはゲーム中でも大声で怒られたものだけど、あなたにはできる限り、ピッチャーとコミュニケーションを取ってもらいたい。ピッチャーの性格を把握しておくことも絶対に大事だから。

會澤 わかりました!

新たなライバルとなる若手キャッチャーたち

江夏 そして、あなたにとって、追いつき、追い越せの先輩であった石原が今年で現役を終えた。あなたにとってどういう存在だった?

會澤 ライバルでもあり、尊敬する先輩でした。一番アドバイスをいただいた方でしたから。今あらためて、それは本当に珍しいことだと思うんですよね。ライバルではあるんですけど、技術的なこと、配球面のこと、ピッチャーとどう向き合うかということも、すごく教えていただきましたので。

江夏 普通、ライバル意識があれば、なかなかアドバイスは送りづらいものであって、聞くほうも聞きづらい部分があると思う。あなた自身から素直にそういう言葉が出てくるということは、よっぽど重要な人だったんだろうね。何年先輩だ?

會澤 年齢でいうと9歳、年数でいえば5年先に入団されています。

江夏 それだけの年の差、年数の差があれば、変なライバル意識はなかったんじゃないかな。アドバイスも素直に言えると思う。それで今度は、あなた自身だよ。若いキャッチャーの面倒を見るのか、それとも背中を見せて引っ張っていくのか、先輩としてどういう接し方をする?

會澤 今でも気づいたことは話してあげるようにしていますし、向こうからも、「こういうときは、どういうことを意識されてますか?」とか、話してきてくれるんです。僕も包み隠さず、教えてあげるようにしています。

江夏 そこらへんは難しいところだよね。あまり後輩をかわいがりすぎたら、周りから変に思われるし。でも、今年は坂倉(将吾)という若いキャッチャーが出てきたじゃない? バッティングもいいし、彼に打ち勝つにはかなりの力がいるよ。

會澤 はい(笑)。若い子たちが出てきてくれるのはチームにとってありがたいことですし、僕自身、「まだまだレギュラーの座は安泰じゃない」という気持ちにさせてもらえますね。

江夏 地元の広陵高から入った中村(奨成[しょうせい])も魅力がある。

會澤 いずれはいいキャッチャーになれると思います。

江夏 それだけ若い人が追っかけてきてるわけだから、ひとりだけ教える、というわけにもいかないよね。

會澤 そうですね。坂倉にしても、中村にしても、10歳ぐらい下なんです。だから、僕が言うのもなんですけど、このふたりが次のレギュラーに向けて競い合っていけば、もっともっとキャッチャーのレベルも上がってくると思うんです。

江夏 チームというものは、みんな仲間でありライバルでもあるから、難しいところはあるよね。ポジションは9つあっても、ゲームに出られるのは各ポジションひとりずつなんだし。

そのなかであなたは頼れる先輩として、チームのキャッチャーのレベルを上げてもらいたい。そして、勝てないカープはもう今年で終わりにして、来年もう一度、「強いカープ」を見せてくれるかな?

會澤 頑張ります!

江夏 そのためには、あなた自身がゲームに出て、しっかりピッチャーを引っ張らないと。今年みたいに頭に打球を食らうことなく、体を大切に。それから、デッドボールの逃げ方がうまくなるように。

會澤 はい(笑)。

江夏 もう4年連続2桁のデッドボールなんて懲り懲りや。見ていて心配になるから(笑)。

會澤 わかりました。ありがとうございます!

江夏 よっしゃ、ありがとう!

(※引用元 週プレNEWS

関連記事

マエケン『ダルの10球』から始まった師弟関係語る「優しいんです」

マエケン『ダルの10球』から始まった師弟関係語る「優しいんです」

ツインズの前田健太投手(32)が17日、フジテレビのスポーツを題材とするトークバラエティー「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)にレッズでプレーする大親友の秋山翔吾外野手(32)とともにゲスト出演 …

長野以外に巨人ベテランがリスト漏れ、カープ『ポロリ発言』の波紋…

長野以外に巨人ベテランがリスト漏れ、カープ『ポロリ発言』の波紋…

28人のプロテクトリストから漏れた大物は他にもまだいたようだ。 巨人にFA移籍した丸の人的補償として長野久義(34)を獲得した広島の緒方孝市監督(50)が9日、マツダスタジアムを訪問。 松田オーナーへ …

チンピラ・誠也に追従して、野間もメンチ切り…お馴染み仲良しコンビ

チンピラ・誠也に追従して、野間もメンチ切り…お馴染み仲良しコンビ

広島東洋カープの「仲良しコンビ」といえば、鈴木誠也選手と野間峻祥選手を思い浮かべるファンも多いだろう。公私共に親しいことでも有名だ。 カープのキャンプの様子を投稿する公式インスラグラムアカウントにて、 …