カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

西川龍馬、勝利に導く一打への『強い思い』/このままでは終われない

2023年8月24日

西川龍馬、勝利に導く一打への『強い思い』/このままでは終われない

今季最長6連敗で迎えた首位・阪神との3連戦初戦だった。8月15日のマツダ広島、3点ビハインドの5回二死三塁。西川龍馬は巧みなバットコントロールで三塁線を破った。

負ければ9ゲーム差、自力優勝も消滅するという一戦で、その後の逆転勝利につなげる適時二塁打。それまで11打席無安打が続いていた四番は、「やっとヒットが打てた」と安堵の言葉を残した。

大事な局面で離脱を余儀なくされた。7月11日の巨人戦(東京ドーム)で右脇腹を肉離れ。離脱は約1カ月近くに及んだ。復帰戦となった8月8日のヤクルト戦(神宮)では第1打席で3年連続シーズン100安打となる右前適時打を放つと、2戦目で9号ソロを含むマルチ、3戦目は猛打賞。

ただ、チームは自身の復帰からの2カードで0勝5敗1分け。復帰2戦目の試合後には、「俺、疫病神や。勝たしてくれ」と切実な思いを吐露している。

離脱前は全試合出場で、チーム三冠。だが、皮肉にも自身の離脱直後からチームは10連勝の快進撃で、一時は首位に浮上。嘆きたくなるのも無理はない。

ただ、ここへ来て奮闘を続けてきた先発陣の乱調も目立ってきた。「だから、打たないといけないんですよ」。チームを勝利に導く一打を打ってこその四番だ。

自身は復帰したが、開幕から全試合で三番に座った秋山翔吾が右下腿ヒラメ筋筋損傷で8月12日に出場選手登録を抹消。

西川にかかる責任は増す。シーズン前に『1年間フルで』と掲げていた目標こそかなわなかったが、その分はシーズン佳境を迎えたここからバットで取り返す。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カープ躍進・巨人凋落の原因、プロからみたらこんなにシンプルだった

カープ躍進・巨人凋落の原因、プロからみたらこんなにシンプルだった

2018年のプロ野球セ・リーグ、広島カープがリーグ3連覇を達成した。セ・リーグでは、読売ジャイアンツ以外のチームがリーグ3連覇を果たすのは初めてのことである。一方、常勝を課せられているジャイアンツは4 …

侍ジャパン入りの『可能性』も…田村俊介がポスト・西川龍馬へ名乗り

侍ジャパン入りの『可能性』も…田村俊介がポスト・西川龍馬へ名乗り

一軍出場わずか10試合の若手選手が、春季キャンプでこれだけ大きな期待をかけられることがあっただろうか。広島の田村俊介はチーム内で「ポスト西川」の筆頭候補に挙げられ、3月に行なわれる侍ジャパンの強化試合 …

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

初の新人王ながら、怪我に苦しむも復活遂げた炎のストッパーとは!?

プロ野球感動!カムバック伝説 怪我…リハビリ…諦めかけた。でも、もう一度 野球がやりたい…!不屈の闘志で過酷な運命と闘い、不死鳥のように蘇った男たちの物語! 男は鬼と化し炎の剛球を投げ込んだ! 津田恒 …