カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

選手に任せ、持ち上げる新井監督『全員で戦い全員で笑う』で甲子園へ

2023年10月15日

選手に任せ、持ち上げる新井監督『全員で戦い全員で笑う』で甲子園へ

この日は先制ソロを放った3番・西川に、2度も犠打を命じて決勝点をもぎ取った。2試合で7犠打。それでいて広島・新井監督のタクトからは、手堅さではなく攻めの空気しか伝わってこない。

「どうしても追加点がほしかったので、龍馬(西川)にはバントをやってもらいました。攻めていけるところは、どんどん攻めていきたかったのでね。後手後手に回るのが嫌だった。スピード感を持ってやろうと思ったので」。第1戦はアッと驚く三盗とスクイズで劣勢をはね返し、第2戦では3番の犠打だけでなく、4番にも代打を送った。

それ以上に僕が驚いたのは、試合中に場内にも発表された第3戦の予告先発・九里である。幻に終わったとはいえ、いわば甲子園行きを懸けた決戦だ。しかし、九里は第1戦でリリーフ起用し、1イニング2/3を投げている。もつれれば総力戦だと腹をくくっていたのだ。

攻めの継投はこの日もあった。ブルペンには8人。ただし、勝ちパターンの矢崎が特例2023で抹消された。手薄にもかかわらず、新井監督は攻めた。6回1死三塁で、先発・森下から大道への継投を決断した。

「彼(大道)の一番いいところは、腕を振って強い真っすぐを投げること」。その期待通りに大道は全球ストレートで押し、大田を二飛、牧を右飛にねじ伏せた。先勝している。ルール上、引き分けや雨天中止も広島の利となる。つまり守る手もあったはずなのに、最後まで攻め抜いた。

2日間、囲み取材に加わったが、ネガティブなことは一切言わない。印象的だったのは「任せたから」「頼んだ」という言葉の多さだ。打席やマウンドに送り出すまでの準備は求めても、そこから先は選手の仕事と割り切っている。若手が結果を出せば「成長した」と目を細め、ベテランが仕事をすれば「経験値が違う」と持ち上げる。

「全員野球で高校球児のように戦ってきます」

セ・リーグのCSファーストステージで、2位が勝ち上がったのは8年ぶり。いざ甲子園へ。全員で戦い、全員で笑う。それが新井監督のやりたかった野球なのだ。

(※引用元 中日スポーツ

関連記事

野村、安部、小窪がファン感謝ディナーショー!菊池涼介のエピソード

野村、安部、小窪がファン感謝ディナーショー!菊池涼介のエピソード

広島カープの野村祐輔投手、安部友裕選手、小窪哲也選手が12月26日、ファン感謝ディナーショーに参加した。 27日にインスタグラムを更新した野村投手は、3選手と司会進行の吉田ちさこさんで撮影した写真をア …

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

新外国人・クロンは日本野球に適応できるか?新守護神・栗林にも注目

いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。頂点を目指す12球団それぞれの浮沈を左右するキーポイントとは一体どこなのか。注目選手も含め、球団ごとに見ていこう。 【2020年成績】 勝敗:52勝56敗12分 …

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」②オーナーの観客席ネタ

広島市在住の迫氏は、「カープ人気が高まった背景には、マツダスタジアムの存在も大きい」とも語る。マツダスタジアムは旧広島市民球場の老朽化に伴い市が建設した、米メジャー流の「ボールパーク」である。競技を観 …