カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

梵が退団へ、他球団で現役続行を目指す「体調面不安ない」

2017年10月2日

梵が退団へ、他球団で現役続行を目指す「体調面不安ない」

広島の梵英心内野手(36)が今季限りで退団し、他球団で現役続行を目指すことが2日、分かった。

9月に球団側と来季契約について話し合い、出場機会を求めて現役続行を強く希望。遊撃手として低迷期を支えた功労者だけに、球団は意向を最大限尊重し、自由契約の手続きを取る方針だ。3日にも正式に発表される。

プロ12年目の秋に訪れた野球人生の岐路。梵は熟考に熟考を重ねた上で、今季限りでカープのユニホームを脱ぎ、他球団で現役続行の道を模索することを決めた。今月11日には37歳になる。それは千鈞(せんきん)の重みを持つ決断だった。本人が打ち明ける。

「今季1軍に上がれなかったのは自分の責任。(球団から)そういう話があるだろうな…と思ったけど、辞める選択肢はなかった」

9月に入って設けられた球団側との話し合い。金額にはこだわらず、出場機会を求めて他球団で現役続行を目指す意思を伝えた。この日は、大野練習場で2軍スタッフや同僚ナインに広島のユニホームを脱ぐことを報告。けじめをつけた。

チームの低迷期を支えた功労者だけに、球団は本人の意思を最大限尊重し、野球協約の減額制限超過提示による自由契約とする方針だ。3日にも正式に発表される。

梵は、地元の三次高から駒大、日産自動車に進み、05年の大学・社会人ドラフト3巡目で入団。攻守走の三拍子そろう遊撃手で、06年の新人王に輝いた。10年には43盗塁で盗塁王に輝き、ゴールデングラブ賞も受賞。強肩とスピード感あふれるプレーに定評があった。

だが、11年に左膝痛を発症。翌12年には右膝手術も受けた。いきおい守備走塁面に影響が生じ、14年のシーズン中には遊撃の定位置を田中に譲る形に。25年ぶりのリーグ優勝を果たした昨季は、1軍出場がプロ入り最少の7試合。今季は1度も昇格できなかった。

「体調面に不安はないし、やれるという自信がなければ、そういう結論(現役続行)にはならない。このまま終わりたくない」

ウエスタン・リーグでは今季、48試合で打率・257。3個の盗塁も決めた。まだまだやれる――。地元広島に生まれ、カープで一時代を築いたベテラン。出場機会を求め、新たな挑戦が始まる。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

退団の梵、国内オファーなければ…海外も「全世界がゼロじゃない」

退団の梵、国内オファーなければ…海外も「全世界がゼロじゃない」

出場機会を求めて広島を自由契約となった梵が選手会のゴルフコンペに参加。 移籍先については「まだ決まっていない」としつつ、他球団からのオファーがない場合、現役続行の場を海外に求める可能性に言及した。 「 …

ロッテに対抗し、青天井…巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

ロッテに対抗し、青天井…巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

広島から国内FA宣言をしている丸佳浩(29)の獲得を目指す巨人、ロッテが条件闘争を繰り広げている。 当初、巨人が用意したのは5年25億円。それがロッテの参戦で30億円となり、スポーツ紙の報道でも5年総 …

絶対、誠也がいい!連覇源泉は、カープ最強スカウトの眼力

絶対、誠也がいい!連覇源泉は、カープ最強スカウトの眼力

広島連覇は、スカウティングの勝利でもある。田中、菊池、丸、安部、西川らの主力野手はいずれも20代。薮田、岡田、大瀬良ら近年ドラフト上位で獲得した大卒投手も順調に頭角を現した。 中でも顕著な例が、高卒5 …