カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

選手会会長・會澤ら4選手がNPBとの『保留制度検討委員会』に出席

2023年11月1日

選手会会長・會澤ら4選手がNPBとの『保留制度検討委員会』に出席

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会による保留制度検討委員会が1日に行われました。フリーエージェント(FA)制度の見直しなどが議論されるなか、選手会会長を務める広島・會澤翼選手は「いい話し合いができた」と振り返りました。

選手会はこれまでFA制度について「取得年数を国内外一律6シーズンに短縮」「人的補償の見直し」などを求め、NPBと話し合っていく委員会を設置。月に1度、議論の場が設けられていました。

この日はNPB側が全12球団参加したほか、選手会からも會澤選手、巨人の丸佳浩選手、ヤクルトの塩見泰隆選手、DeNAの桑原将志選手が出席。

委員会後に取材に応じた會澤選手は「(3選手に)来ていただいて率直な意見やどう思っているかを話した。思いが届いてくれたらいいなと思っています」とコメント。さらに「いい話し合いができた。12球団の思いを直接聞けたのはすごくプラスになりましたし、今後の議論のプラスになるなと思っています」と手応えを口にしました。

その一方で、選手会の森忠仁事務局長は「基本的な考えは変わらないけど、それで議論が進まないなら考えなきゃいけない。どこか譲らなきゃいけないところはある」とし、今後は譲歩もしながら折衝していく考えを明かしています。

(※引用元 日テレNEWS

関連記事

シーズン最多安打は、秋山翔吾の216本!歴代の最多安打記録者は?

シーズン最多安打は、秋山翔吾の216本!歴代の最多安打記録者は?

どれだけヒットを打ち、チームに貢献したか。どれだけミートがうまい選手なのか。それは「最多安打」の記録を見れば分かる。近年、変化球が多様化し、ピッチャーの球速が上がっている。そんな中、どのような選手たち …

活躍できない助っ人が多い理由「外国人選手のレベルは下がっている」

活躍できない助っ人が多い理由「外国人選手のレベルは下がっている」

【日本の投手の質の向上】 ――昔に比べて、日本で活躍する外国人野手が少なくなった印象があります。 高木豊(以下:高木) 理由として考えられるのは、日本人のピッチャーの質が著しく向上しているということ。 …

前田健太の2年35億円は高いのか、安いのか?黒田博樹の契約と比較

前田健太の2年35億円は高いのか、安いのか?黒田博樹の契約と比較

今オフ、ミネソタ・ツインズからFAになった前田健太は、ツインズと同じア・リーグ中地区のデトロイト・タイガースに2年2400万ドル(約35億円/2024年〜2025年)の契約で迎えられた。 契約の内訳は …