カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

羽月が恐れることなく、足でめちゃくちゃに!/ドラフト下位選手の今

2023年11月1日

羽月が恐れることなく、足でめちゃくちゃに!/ドラフト下位選手の今

最も輝きを放った瞬間だった。10月14日のCSファーストステージ初戦のDeNA戦(マツダ広島)、1点を追う8回一死。代走で出場した羽月隆太郎は、犠打で二進した直後の次打者・菊池涼介への初球、大胆にスタートを切った。捕手が送球をあきらめるほどの完璧な三盗を決め、菊池のスクイズで本塁生還。延長11回サヨナラの劇的勝利を大きく手繰り寄せるビッグプレーだった。

神村学園高から2019年ドラフト7位で入団した身長167センチの小兵は今季、足のスペシャリストとしての存在感を発揮した。開幕二軍スタートから4月下旬に昇格すると、そこから一軍を離れることはなかった。スタメンはわずか10試合ながら、チームトップの14盗塁はセ・リーグ全体でも4位の好成績。うち11盗塁が代走で決めたものだ。

主に試合終盤の起用となる代走での盗塁は、結果によって試合の流れを大きく変えかねない。だが、「恐怖心はない」と言い切る。「シーズン中から(新井貴浩)監督と(藤井彰人)ヘッドから『出たら何してもいいから、めちゃくちゃにしてくれ』と言われている。アウトになったらしょうがないと僕は思う」と頼もしい。

もちろん代走に甘んじるつもりはない。本職は二塁。昨秋の宮崎・日南キャンプでは、新井監督から「キク(菊池)に勝てるか」と問われ、「勝てます!」と即答していた。その決意は今も同じ。「スタメンで出たいけど、まずは(後継者の)第一候補になって、そこで結果を出していかないといけない」。そう遠くない日に、球界を代表する名手を脅かす存在となるかもしれない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

打率1位・鈴木誠也のすごみは安定感、逆転Vのキーマンである理由…

現在.328で打率1位の鈴木誠也のすごみは安定感だ。過去ブレークし、スタメンに定着した2016年以来、すべて打率3割超。今季は出塁率.444、長打率.574、得点79はいずれもリーグ1位。波の大きな打 …

新人時代に「生涯カープ宣言」の九里に心境の変化は?FA権は封印?

新人時代に「生涯カープ宣言」の九里に心境の変化は?FA権は封印?

オフのFA戦線はどうなる?ストーブリーグNEWS2021 秋口から冬にかけてストーブの必要な季節に取り交わされる噂話が語源とされる「ストーブリーグ」。ペナントが終盤にさしかかるこの時期になると、来シー …

今村・美間が出場選手登録を抹消、一岡・小窪が出場選手登録【公示】

今村・美間が出場選手登録を抹消、一岡・小窪が出場選手登録【公示】

【6月25日】/出場選手登録抹消 今村猛 投手 美間優槻 内野手 【6月26日】/出場選手登録 一岡竜司 投手 小窪哲也 内野手

Archives by Month

新着記事