カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督、チャンスを与えて『競争激化』/指揮官たちの『戦力構想』

2024年2月21日

新井監督、チャンスを与えて『競争激化』/指揮官たちの『戦力構想』

若鯉たちが奮闘する姿を満足そうに見つめた。「こちらが想像していた以上の、いい競争を見せてくれてると思います。ここまでは、もう100点満点!」と、新井貴浩監督は約2週間の宮崎・日南キャンプを打ち上げた。

指揮官の言う「競争」は、特にオリックスにFA移籍した西川龍馬が抜けた外野一枠を巡るバトル。

2023年ドラフト7位の久保修が紅白戦2試合で7打数5安打と大暴れすると、昨季は育成1年目で支配下登録を勝ち取った中村貴浩も2戦4安打2打点、20歳・田村俊介も2戦3安打1打点と猛アピール。第2クールから加わった中村奨成も含め、高いレベルの争いを繰り広げた。

新井監督は、就任1年目の昨季から「若いの出てこいや!」という姿勢を一貫する。

今キャンプではチーム最年長38歳の松山竜平、33歳の上本崇司、31歳の野間峻祥の3人に対して調整を任せる形で第2クールから二軍に回し、代わりに実戦形式の練習では二軍からの入れ替えを含めて計19人を一軍練習に参加させた。

ほぼ全選手にチャンスを与える形をつくり、激しい競争をあおる。

今オフは外国人4人を入れ替えした以外、目立った補強はなし。だからこそ、若鯉の台頭は絶対不可欠だ。指揮官は「おそらくですけど、また私たちのチームに対する評価は厳しいものになると思う」と、昨季以上に低い下馬評を予想する。

「今から私は鼻息を荒くしています。『よしッ、見とけよ! やっちゃるけえの!』という、そういう気持ちです」。自身が現役引退した18年以来のリーグ優勝しか見えていない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

丸佳浩が抜けた外野の一角候補は『多士済々』/注目のレギュラー争い

丸佳浩が抜けた外野の一角候補は『多士済々』/注目のレギュラー争い

激しい競争がチーム力をアップさせる。キャンプで注目されるレギュラー争い。各球団の、その現状を追う。 広島東洋カープ 広島で注目なのは何といっても丸佳浩が抜けた外野の一角だ。野間峻祥がセンターに回り、レ …

栗林良吏、磨き直した「宝刀」フォークで奪った『空振り』に手応え!

栗林良吏、磨き直した「宝刀」フォークで奪った『空振り』に手応え!

広島の栗林良吏投手(27)が20日、沖縄県沖縄市でのキャンプで初めてシート打撃に登板し、磨き直したフォークボールに手応えを得た。 打者5人に対して被安打1、奪三振1。打者の反応から変化を感じたのが「昨 …

2024年春季キャンプ日程/一軍は日南と沖縄で開催、二軍は広島!

2024年春季キャンプ日程/一軍は日南と沖縄で開催、二軍は広島!

一軍は15日から沖縄、二軍は6日から日南へ 広島は2024年「春季日南・沖縄キャンプ」の日程を発表した。 一軍は2月1日から13日まで宮崎県日南市で、15日から27日まで沖縄県沖縄市でキャンプを実施す …