カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

二俣翔一、プロ6打席目で初アーチ「どのポジションでも全力プレー」

2024年5月15日

二俣翔一、プロ6打席目で初アーチ「どのポジションでも全力プレー」

手には、確かな感触が残った。高めカーブを振り抜いた二俣翔一の打球は、美しい放物線を描いて左翼席に飛び込んだ。プロ初スタメンとなった4月25日のヤクルト戦(神宮)の第1打席で、高橋奎二からプロ本塁打。

「反応でしっかり打てたホームランでした」。代打で高梨雄平からプロ初安打を放った19日の本拠地・巨人戦以来、プロ6打席目の記念すべき一発だった。

2021年の育成ドラフト1位は、22年秋に支配下登録。だが、支配下1年目の昨季は一軍登録こそあったが、出場はなかった。今季は開幕一軍こそ逃したものの、両外国人の故障離脱によって開幕3戦目から一軍昇格し、4月4日の本拠地・ヤクルト戦でプロ初出場。

「今年が4年目。1年目、2年目はケガでなかなか二軍の試合にも出られないときがあったが、今考えると、その期間も無駄な時間ではなかったと思う」と、かみ締めた。

昨季、ウエスタン・リーグで最多94安打を放った打力を、一軍の舞台で発揮した。新井貴浩監督は「スイングするときに体が流れなくなってきている。体重も増やしたということで、昨年に比べて軸が強化されているんじゃないか」と、背番号99の成長を感じ取る。

入団時は捕手だったが、打力を買われて2年目に内野手転向。昨季から外野にも取り組み、プロ1号を放った試合は左翼での起用だった。

「まだまだ課題、勉強する部分はいっぱいあるけど、出場機会の幅が広がったことはプラスに捉えて、どのポジションでも全力プレーすることを心掛けている」。21歳の若鯉は次なる1本、さらにその先の1本を目指して突き進んでいく。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

井端監督がカープ・田村を直接視察し…絶賛「1スイング見た時から」

井端監督がカープ・田村を直接視察し…絶賛「1スイング見た時から」

野球日本代表「侍ジャパン」の井端弘和監督(48)が7日、広島の宮崎・日南キャンプを視察。愛工大名電高出身でプロ3年目の左打者、田村俊介外野手(20)を高く評価した。 2日に阪神からスタートした各球団の …

床田、村上と今季4度目の対決へ!セ・防御率1位、2位による投手戦

床田、村上と今季4度目の対決へ!セ・防御率1位、2位による投手戦

広島のエース・床田寛樹投手(29)が21日の阪神戦(マツダ)で村上頌樹投手(25)と今季4度目の投げ合いに臨む。 セ・リーグの防御率ランキング1位の床田(1・28)と2位の村上(1・30)による投手戦 …

栗林良吏は勤続疲労?救援失敗で『5敗目』…「守護神」復帰のカギは

栗林良吏は勤続疲労?救援失敗で『5敗目』…「守護神」復帰のカギは

球界を代表する守護神に上り詰めた広島・栗林良吏が苦しんでいる。 「夏場以降を見据えて…」 2023年6月4日のソフトバンク戦(マツダ)で、1点リードの6回に2番手として救援登板。不運な打球 …